最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« David Virellesの10インチ盤:なぜこれが突然ECMからリリースされるのか,全くの謎だ。 | トップページ | 中年音楽狂,またもNYCへ向かう。 »

2016年12月 5日 (月)

Chris Thile & Brad Mehldauのデュオ・アルバムに関する情報

Chris_thile_brad_mehldauNonesuchレーベルのWebサイトを見ていたら,Punch Brothersのマンドリン奏者,Chris ThileとBrad Mehldauのデュオ・アルバムに関する告知が出ているのだが,そこにLP版にはFiona Appleの"Fast As You Can"がボーナス・トラックとして収録と書かれている。となると,Brad Mehldauのコンプリートを目指す私としては,これはLPを入手しないといけないってことだなぁ。おそらくCDも買ってしまうだろうが,無駄遣いだと思いつつ,こればかりはやめられないのである。

このアルバム,現状では"Scarlet Town"の一部がWebサイトで試聴できるだけだが,そこではBrad Mehldauが歌っているのが明らかになっている。彼らの演奏の映像を見れば,Mehldauが歌っているのはわかっていたが,本当にいろいろやるなぁ。改めて,彼らのブート音源でも聞いて,来年1月27日のアルバム・リリースを待つことにしよう。

尚,"Scarlet Town"については,Nonesuchの公式映像があるので,そちらも貼り付けておこう。

« David Virellesの10インチ盤:なぜこれが突然ECMからリリースされるのか,全くの謎だ。 | トップページ | 中年音楽狂,またもNYCへ向かう。 »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64576812

この記事へのトラックバック一覧です: Chris Thile & Brad Mehldauのデュオ・アルバムに関する情報:

« David Virellesの10インチ盤:なぜこれが突然ECMからリリースされるのか,全くの謎だ。 | トップページ | 中年音楽狂,またもNYCへ向かう。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)