最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Fred Hersch Trio@Cotton Club参戦記 | トップページ | 豪華メンツによるWolfgang Muthspielの新作はECM先祖がえりのようなサウンド。 »

2016年11月 4日 (金)

ほぼ同時代の人々の曲を演奏するZsófia Borosが今回も素晴らしい。

"Local Objects" Zsófia Boros (ECM New Series)

Zsfia_boros彼女のECM New Seriesにおける第1作"En Otra Parte"を聞いた時にも,一聴して虜になってしまった私である(記事はこちら)が,今回の新作も非常にいい出来である。

そもそも前作もそのレパートリーの幅広さが目立っていた彼女であるが,今回もほぼ同時代の作曲家,ミュージシャンの作品を取り上げていて,かつ,それが様々な国の人たちであるところから,"Local Objects"というタイトルがつけられたものと想像する。Mathias Duplessyはフランス,Egberto GsimontiとGaroto(Anibal Augusto Sardinha)がブラジル,Carlo Domeniconiがイタリア,Jorge Cardosoがアルゼンチン,Al Di Meolaはアメリカ,Franghiz Ali-Zadahがアゼルバイジャン,Alex Pinterがオーストリアと言った具合なのだ。そして,故人はGarotoだけということで,半端ではない選曲と言ってよいだろう。

彼女が弾いているのはクラシック・ギターであるから,サウンド的には決してジャズ的ではない。一応,今回は現代音楽にカテゴライズしたが,現代音楽が持つ難解さ,訳の分からなさ(笑)は皆無であり,ギターの美しい音色と,メロディ・ラインを楽しめばいいということになる。私が自分でもギターを弾くこともあるが,こういうアルバムを聞いていると,一発でまいってしまうのである。我ながら単純だと思いつつ,いいものはいいのである。

やはり,ECMというのはクロス・ボーダー,クロス・カテゴリーの音楽が似合うレーベルだと改めて痛感させられたが,とにもかくにも,この選曲あってのアルバムであることには間違いない。前作を聞いた時のような衝撃は薄れたとしても,十分に星★★★★☆には値する作品と思う。Kate Mooreもよかったし,本当にManfred Eicherの目配りに感心させられてしまった。

Recorded in November 2015

Personnel: Zsófia Boros(g)

« Fred Hersch Trio@Cotton Club参戦記 | トップページ | 豪華メンツによるWolfgang Muthspielの新作はECM先祖がえりのようなサウンド。 »

ECM」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

現代音楽」カテゴリの記事

コメント

New Seriesでありながらクラシックの選曲にこだわらない、というのがツボでした。しかも難解な曲もなくて聴きやすいですし。こういうボーダーレスな作品だと何回も聴いてしまいますね。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。

おっしゃる通りで,全然難解さがないのは,聞き手を選ばないという点で,より幅広いリスナーに聞いて欲しいと思えるアルバムでした。前作も踏まえれば,このギタリストの指向がそうした方向に向いているんだと思いますが,それにしてもいいアルバムでした。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64437670

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ同時代の人々の曲を演奏するZsófia Borosが今回も素晴らしい。:

» Zsofia Boros/Local Objects [ジャズCDの個人ページBlog]
ECM New Seiresの新譜聴き3日目で一段落。今日のアルバムが一番ECM [続きを読む]

« Fred Hersch Trio@Cotton Club参戦記 | トップページ | 豪華メンツによるWolfgang Muthspielの新作はECM先祖がえりのようなサウンド。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)