最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今回も瑞々しいという表現しか思いつかないDeacon Blue。そして,超お買い得だったそのボックス・セット。 | トップページ | 相変わらずの忙しさ...。 »

2016年10月30日 (日)

Wayne Krantz@Cotton Club参戦記

Krantz

Wayne Krantzの来日にあたり,彼のファンとしては行かないわけにはいかないということで,出張帰りにCotton Clubに寄ってきた。開場を待っている時間からして,人が少ないなぁと思っていたが,この入りの悪さは何なんだと思ってしまった。とにかく,Cotton Clubがスカスカなのである。聴衆は50人いたかどうかみたいな感じであったが,大体において,Krantzの日本でのライブがフルハウスになったのは,昨年の3月の金曜の夜に行ったときだけだった(その時の記事はこちら)から,まぁ仕方がないのかもしれないが,それにしても土曜日の1stということも影響したか,あまりにも寂しい客入りであった。NYCの55 Barでの彼のライブの大人気ぶり(その模様はこちら)に比べると落差が大き過ぎる。

しかし,そんな客入りをものともせず,相変わらずのぶちかましモードのWayne Krantzであった。今回は"Undercover Pop Tour"と題し,カバー曲をやるのが基本ということであるが,原曲なんかまったく認識できないレベルで,いつも通りのKrantz節であった。そして,今回,今まで私が聞いたKrantzの演奏の中でも,最もハードな感覚を生んでいたと言ってもいいと思える。

Cotton Clubという場所柄,まっとうなジャズを期待して来場していると思しきオーディエンスも多かったと思うが,そんな人にとっては,ノイズ以外の何物でもないと感じられたのではないかとさえ思ってしまうほど,ロック・フレイヴァーが強く,かつ音がでかかった(笑)。正直言ってしまえば,Krantzの音楽を理解して来ていた聴衆は半分もいなかったのではないか。だが,素材が何であろうが,結局,曲のチェンジ等は,いつもの演奏と大きく変わらないから,ファンである私はその変態的グルーブにまたまたまいってしまったのであった。

寂しい客入り,かつ拍手もまばらな状態ゆえ,アンコールさえなかったのは残念だったが,それでも約70分,Wayne Krantzワールドに触れることはできたと思う。今回はベースで来日のNate Woodは相変わらずのジャズ界のウラジミール・プーチンと言うべき風貌で,クールにベースを弾く(但し,フレージングはKrantz同様変態)一方,更にドラムスのZach Danzigerは激しく煽りまくって,それが今回のサウンド・ボリュームに影響を与えたのかもしれないなぁと思っていた私である。

途中でWayne Krantzがスマホをアンチョコにしながら,日本語で挨拶していたが,誰が翻訳したんだってぐらい訳の分からない翻訳で,あれはGoogleの翻訳を使ったに違いないと思っていた私である。だって,「通常」とかアメリカ人が使いそうにない単語を使ってるんだもん。それはきっと"Usually"を機械翻訳したに違いないと,余計なことを考えていた私である。どうせなら英語で挨拶してくれた方がずっとわかりやすかったはずだと言っておこう。

ということで,やっぱりWayne Krantzの日本での人気なんてこんなものなのかなぁとちょっと寂しくなってしまった私であった。12月に私はNYCに出張予定だが,その時に55 BarにKrantzが出てくれることを期待しよう。

Live at Cotton Club東京 on October 29, 2016,1st セット

Personnel: Wayne Krantz(g, vo), Nate Wood(b), Zach Danziger(ds)

« 今回も瑞々しいという表現しか思いつかないDeacon Blue。そして,超お買い得だったそのボックス・セット。 | トップページ | 相変わらずの忙しさ...。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

土曜1st、神戸から参戦しました。素晴らしい演奏でした。おっしゃる通り寂しい客入り、もっと多くの人に聴いてもらいたいところです。NYC滞在中の公演、実現すれば良いですね。

rqさん,おはようございます。そしてはじめましてですよね。神戸からとはKrantzを相当お好きなんですね。ご同慶の至りです。

日本ではWayne Krantzと言っても,結局はマイナーな存在なんだろうと思います。いまだにSteely DanやDonald Fagenとの共演歴がどうこう言われていることが,その証左ではないかと思います。

彼の音楽は万人受けするものではないと思いますが,おっしゃる通り,より多くの人に聞かれてもいいものと思います。NYCで見たときの聴衆も相応に観光客はいたと思いますが,隣に座ったアメリカ人の兄ちゃんなんか相当の好き者でしたから,いるところにはファンはいます。ってことで,私としては,これからも聞くに値するミュージシャンとして,認知度の向上に努めたいと思います。

返信ありがとうございます。私も周りを無理矢理ライブに誘いkrantz知名度普及に努めることと致します。

遡って読ませていただきましたが、ben wattも観られたのですね。行きたかったんですが仕事の都合で断念。無理にでも行けばよかったかなあと後悔した次第。私が行けば同じく客の平均年齢アップさせてましたね。

rqさん,こんにちは。

今日は仕事で福島に来ております。Ben Wattは心斎橋で見ましたが,あっちも決してフルハウスって感じではなかったですが,素晴らしい演奏でした。

昨今はCDの購入枚数は以前より減り,ライブの本数が増えていますが,メジャーからマイナーまで楽しみたいと思います。次はFred Herschが控えていますが,大阪の出張先からCotton Clubに直行します(笑)。

ともあれ今後ともよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。Fred Hersch良いですね。関西はスルーのようで残念です。そうそう遠征する訳にもいかず、今回は諦めます。ぜひとも体感したいライブではあるんですが…。

rqさん,こんばんは。

Fred Herschは毎年のように来日していますが,確かに東京だけでしかライブはやらないですね。ソロとトリオで交互に来ていますが,去年は私が行ったときは1セットだけでしたし,体力的なものと集客力のどちらかも影響しているかもしれません。

でも,私は彼の絶対的なファンですので,今年も堪能してきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64416971

この記事へのトラックバック一覧です: Wayne Krantz@Cotton Club参戦記:

« 今回も瑞々しいという表現しか思いつかないDeacon Blue。そして,超お買い得だったそのボックス・セット。 | トップページ | 相変わらずの忙しさ...。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作