2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張終了:これから帰国 | トップページ | 出張から戻っての音楽ネタ:今日はJakob Broの新譜。 »

2016年10月24日 (月)

ロンドン土産(笑)。

Tate_britain

日本に帰国した。現地からも記事はアップしていた私だが,日本に帰ってきてやっぱりヘロヘロ感が強いのは,弾丸出張ゆえ仕方ない。そんな私がロンドンからフライト前に立ち寄ったのがTate BritainとNational Galleryだったことは既に記事に書いた通りだが,Tate Britainは英国の芸術家の作品を集めたところに特徴があり,私の今回の狙いは,Turner Collectionを改めて見ることと,David Hockneyの作品を見ることだった。いずれにしても,古い作品から現代アートまで,非常にバランスがよい美術館だし,何よりも混雑していないところがよい。地下鉄の最寄り駅のPimlicoから600mぐらい離れているし,私は結構朝早い時間に行ったので,本当にゆったり見ることができて,非常に心地よい時間を過ごすことができた。現代アートの展示は上のような写真の感じで,Turner Collectionとのギャップは大きいが,それがいいのである。

Hockney_retrospectiveDavid Hockneyについては,Double Portraitsと題された3点が展示されていて,Hockneyらしい色使いに嬉しくなってしまった私である。私は昔からHockneyのヴィヴィッドな色使いの絵画や,写真のコラージュが好きで,以前Tateを訪れた時には88年の回顧展のカタログ(右写真のもの)を購入し,気が向くと今でも眺めて喜んでいる。しかし,それから随分と時間が経過し,新しい作品も加えた画集が欲しいなぁと思ったらあった,あった。それが2013年にサンフランシスコで開催された展覧会のカタログである。

Bigger_exhibition2013年ということで,ちょっと時間は経過しているものの,新しい作品を含めた画集をゲット出来て,大いに嬉しくなってしまった(但し,ハード・カバーなので重かったが...)。しかし,来年にはTateで新たなHockneyの展覧会があるらしいので,それも行ければいいなぁと思いつつ,今回の買い物により悦に入っている私である。ついでにHockneyを含む,英国現代アートの小型レプリカ6枚にフレームのついたセットも買ってきたので,殺伐とした私の部屋にヴィヴィッドな感覚を与えるべく,壁に飾ることにしよう。

この記事を読むと,意外に感じられる読者もおられるかもしれないが,人は見かけによらないのである(笑)。

« 出張終了:これから帰国 | トップページ | 出張から戻っての音楽ネタ:今日はJakob Broの新譜。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64388915

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン土産(笑)。:

« 出張終了:これから帰国 | トップページ | 出張から戻っての音楽ネタ:今日はJakob Broの新譜。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作