最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 待望のRachael Yamagataの新作 | トップページ | ようやく記事のアップである。今日は出張中に見た映画を振り返る。またくだらない作品を見てしまった(苦笑)。 »

2016年10月 4日 (火)

Lighthouse Bandのブートレッグ登場!

"The Lighthouse Band in Europe" Elvin Jones Quartet(Bootleg)

_20161002_2世の中にはこんなものがあったのか~と思わされる音源は結構あるが,これは珍しいなぁと思わされて,ついつい購入してしまったのが,このブート音源。何てたって,あのLighthouseでのライブ盤を吹き込んだメンツによるライブ音源なのである。もとはフランスのTV番組から音を落としたもので,今回のブートには,ご丁寧にその映像も付いている。

まだ映像はよく見ていないので,ちらっと見ただけの感想を言えば,そりゃLiebmanもGrossmanもエグいのだが,それよりも何よりもElvin Jonesのプッシュが凄いのである。あれだけシンプルなドラムスのセットで,見事なドライブぶりである。

こうした古いTV画像からの音源なので,音は大したことはないが,それでもこういう音源が残っていることが貴重であり,改めてElvin Jonesという人の偉大さを思い知らされたと言える。そんなことははなからわかっていると言われてしまえば,反駁の余地はないが,単純にそう思ってしまったのである。

音源としては40分にも満たないものであり,冒頭部分にほんの少しではあるが,演奏にフランス語のアナウンスがかぶっているというのは何とももったいないが,それでもこれは貴重度を優先すべき音源として,取り急ぎ紹介しておきたい。

Lighthouse_band_in_1972ところで,このブートのジャケ写真は別の時のものであり,ネットでの情報によれば,1972年の米国,ミルウォーキーにおける"Lakefront Festival of Art"の時のようである。その時の別の写真もあり,当時のバンドはこんな感じ。

尚,この時の映像は,ネット上でも一部は見られるので,そちらも貼り付けておこう。

Recorded Live for "Jazz Session" on May 29, 1973

Personnel: Elvin Jones(ds), Dave Liebman(ts, ss, fl), Steve Grossman(ts, ss), Gene Parla(b)

« 待望のRachael Yamagataの新作 | トップページ | ようやく記事のアップである。今日は出張中に見た映画を振り返る。またくだらない作品を見てしまった(苦笑)。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64290386

この記事へのトラックバック一覧です: Lighthouse Bandのブートレッグ登場!:

« 待望のRachael Yamagataの新作 | トップページ | ようやく記事のアップである。今日は出張中に見た映画を振り返る。またくだらない作品を見てしまった(苦笑)。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作