2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« こういうのを穏やかな対話と言う:John StowellとBebo Ferraのデュオ・アルバム。 | トップページ | ジャズはエンタテインメントだと思わせたChristian McBride@Cotton Club東京。 »

2016年9月 7日 (水)

W杯アジア最終予選:タイには勝ったものの...

Photo

ホームでの初戦にUAEに敗れ,かなりまずい状況に陥った日本代表だが,第2戦のタイ戦に引き分けたり,負けたりすると,それこそ本戦進出の可能性が遠のくところ,何とか2-0で勝利したのはよかった。

しかし,ピッチ・コンディションがよくないということがあったとしても,決して褒められた試合ではなかったのは事実である。原口の先制ヘッドは,美しいゴールであったし,浅野の2点目も冷静に決めたのはよかった。しかし,あれだけ敵陣に攻め込みながら,2点しか取れないというのが情けない。決定機は何度もあったにもかかわらず,相変わらずの決定力のなさはいかんともしがたい。それでも2点取っているのだから,それには目をつぶることにしてもいいのだが,ゴール前で競り合いの場面で,多分あれは香川のヘッドに対し,原口は足に当てるだけでもう1点取れていたはずなのに,反応しない(できない)ってのはどういうことか?オフェンスの観点で,あのシーンが最も腹立たしかった瞬間である。

更に問題なのはディフェンス局面での,つまらないミスにより,タイにボールを取られるシーンが何度かあったことである。それこそ,ピッチのボールのころがりがあまりよろしくないということはあったかもしれないが,それでも酒井宏樹の凡ミスによりボールを取られた時は,失点を覚悟した私であった。タイには申し訳ないが,タイだから失点せずに済んだとも言えるわけで,強豪チームならあのミスは見逃すことはないはずである。完全に試合はコントロールしているにもかかわらず,集中力を持続できないように感じられるのは大きな問題だ。UAE戦もつまらないミスから失点したことに対する反省が足りないと言っておこう。

次戦はホームでのイラク戦,更にはアウェイでのオーストラリア戦が続く。初戦の敗戦の影響をなくすためには,今回不調のイラク戦には圧勝が,オーストラリア戦はとにかく負けないことが求められる。もちろん,勝つに越したことはないが,オーストラリアを決して得意にしていない日本代表にとっては,10月11日のオーストラリア戦を正念場とするべきであろう。それまでの1ヶ月の間に,どう立て直すのか。そもそもコンディショニングに問題があった初戦の轍を踏まないようにするにはどうするのか。日本代表に課せられた課題は大きい。

« こういうのを穏やかな対話と言う:John StowellとBebo Ferraのデュオ・アルバム。 | トップページ | ジャズはエンタテインメントだと思わせたChristian McBride@Cotton Club東京。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64168475

この記事へのトラックバック一覧です: W杯アジア最終予選:タイには勝ったものの...:

« こういうのを穏やかな対話と言う:John StowellとBebo Ferraのデュオ・アルバム。 | トップページ | ジャズはエンタテインメントだと思わせたChristian McBride@Cotton Club東京。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作