最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« またまたAmazon Primeで見た007シリーズ:今回は「ユア・アイズ・オンリー」。 | トップページ | "Jazz Funk Soul"って凄いタイトルだが,ずっとアップしてなかったことに今更気づく。 »

2016年9月21日 (水)

Robert Glasper Experimentの新作登場。ますますカテゴライズ不能に。

"ArtScience" Robert Glasper Experiment (Blue Note)

_20160919Robert Glasper Experimentの新作がリリースされた。Experiment名義では"Black Radio 2"以来であるから約3年ぶりとなるが,今回は"Black Radio"シリーズと異なり,ゲスト・ヴォーカルを迎えることなく,ほぼExperimentの面々による演奏となっているのが特徴である。そして,ジャケからしても,誰もこのジャケを見てジャズ・アルバムとは思うまいという感じになっていて,これまでの越境型の音楽性はここでも健在である。"Black Radio"シリーズもソウルと言えば通ってしまうような音楽であったが,本作では更にカテゴライズ不能度が増している。

冒頭の"This Is Not Fear"こそジャズ的な響きを持っていて,これは今までと違うのかと思わせるが,その後はジャズ,ファンク,ソウル,ロックが混在した響きを聞かせる。特にゲストのMike Seversonのギターが加わるとロック色が濃い感じになるのが面白い。

一方で,様々な要素が混在していて,やや捉えどころがない感じがするのも事実であるが,この人たちによる"Tell Me a Bedtime Story Now"を聞くとは思わなかったので,イントロが聞こえてきたときはびっくりしてしまった私である。まぁ,そうは言いながら,日頃からライブ・バンドとして演奏をしている人たちなので,バンドとしてのまとまりは問題ないので,結構楽しく聞ける。

私が全く評価できないMark Colenburgは相変わらずのオカズ過多のところもあるが,比較的抑制したプレイぶりなので,ライブで覚えた不快感がなかったのはよかった。私にとっては,彼らは"Black Radio"のイメージが強過ぎて,そちらが基準になってしまうのだが,結局本作もそれを越えるところまでは行っていない。まぁ,この程度はできるだろうという出来だが,そろそろ次なる一手を考えないと,この人たちもそろそろ厳しくなってくるのではないかと思える。決して悪くはないし,水準は保っているが,驚きがないというのが正直なところである。ということで,ちょいと甘めの星★★★★としておこう。私にとっては次作も買うかどうかは微妙って感じである。Apple Musicで聞けばいいか(苦笑)。

Personnel: Robert Glasper(p, el-p, key), Derrick Hodge(b, vo), Mark Colenburg(ds, perc, vo), Casey Benjamin(as, ss, key, vo, vocoder), Michael Severson(g), Jahi Sundance(whistle, turntable), Riley Glasper(speech)

« またまたAmazon Primeで見た007シリーズ:今回は「ユア・アイズ・オンリー」。 | トップページ | "Jazz Funk Soul"って凄いタイトルだが,ずっとアップしてなかったことに今更気づく。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

ソウル/R&B」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64225223

この記事へのトラックバック一覧です: Robert Glasper Experimentの新作登場。ますますカテゴライズ不能に。:

« またまたAmazon Primeで見た007シリーズ:今回は「ユア・アイズ・オンリー」。 | トップページ | "Jazz Funk Soul"って凄いタイトルだが,ずっとアップしてなかったことに今更気づく。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)