最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Robert Glasper Experimentの新作登場。ますますカテゴライズ不能に。 | トップページ | 出張前にどうしても見ておきたかった「ハドソン川の奇跡」:傑作である。 »

2016年9月23日 (金)

"Jazz Funk Soul"って凄いタイトルだが,ずっとアップしてなかったことに今更気づく。

"Jazz Funk Soul" Jeff Lorber / Chuck Loeb / Evarette Harp(Shanachie)

_20160922気が付いてみれば,このアルバムがリリースされたのは2年以上前のことである。私は結構早い時期にCDを入手していたのだが,全然記事にしていなかった。そんな間にJeff Lorber Fusionは来日してしまうし,このメンツの第2作もリリースされているのだから,何だかなぁって感じである。

まぁ,それはさておきである。単独でもリーダー作を発表できる3人の共演ということであり,期待は裏切られることはない。昨今のJeff Lorber Fusionの音楽に比べると,ややスムーズ度が高いが,質の高いフュージョン・ミュージックが全面的に展開されている。3人が単独もしくは共作でオリジナルを持ち寄って演奏しているが,クォリティは非常に高いと思える。それでもJeff Lorberが絡むと,JLFのように聞こえてしまうところが個性だねぇ(笑)。ゲストで参加するのがTill Bronnerってのが,このメンツならではってところか。

いずれにしても,どういうシチュエーションにでもあってしまいそうな音楽である。甘いの承知で星★★★★。まぁ,Apple Musicで聞いてりゃいいかって話もあるが,買っても損はしない。

Personnel:Jeff Lorber(p, key, g, synth-b), Chuck Loeb(g, b,key),Evarette Harp(ts, as, ss, EWI, key), James Genus(b), John Patitucci(b), Jimmy Haslip(b), Gary Novak(ds), Brian Dunne(ds), Lionel Cordew(ds), Lenny Castro(perc), A. Ray "The Weeper" Fuller(g), Till Bronner(tp)

« Robert Glasper Experimentの新作登場。ますますカテゴライズ不能に。 | トップページ | 出張前にどうしても見ておきたかった「ハドソン川の奇跡」:傑作である。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
Jazz Funk Soul 1作目は毎日聞いていました。

スムーズ系は聞きやすいですが
すぐ飽きちゃいます。
Jazz Funk Soulの2作目もいつもの感じです。

良くも悪くもJeff Lorber節
Jeff Lorber させどJeff Lorber 結局好きなんですけどねw


Kさん,こんにちは。

改めてこのアルバムを聞いてみると,各々の個性がよく出ているなぁと思いました。アルバムとしても結構よくできていますよね。

うわぁー、うれしい!アップしてくれた!
ジャケットから、なんか、うれしそうですよね。
程よいおじさま達なんですが、ジャケット見ていると、少年みたいで可愛い。
音楽は、ギターが入ると新鮮で、繊細さも出て、また、Evarette Harpの創る曲が、柔らかで、最近のJeff Lorberには無い音楽を感じ、ちょっと違うなぁと、作曲者を見ると、なるほど、と納得。
Chuck Loebが、ムードメーカーみたいな感じで、3人のバランスが、音楽にも、良い効果を、出している気がします。
JAZZ FUNK SOUメンバーでも、是非来日して欲しいですね!喜んで東京に行きますー。
音楽狂さん、皆さんと、また、合流したいです。
楽しみにしてます。いつかなぁ?待ち通しい。

ひまわりさん,こんにちは。返事が遅くなってしまい申し訳ありまません。

まぁ,このメンツらしい音楽ってことになると思うんですが,JLFとはちょっと違うバランス感があって,これはこれで楽しいですよね。

いずれにしても,やっぱり曲にもミュージシャンの個性って出るんだんなぁってのがよくわかるアルバムでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64242217

この記事へのトラックバック一覧です: "Jazz Funk Soul"って凄いタイトルだが,ずっとアップしてなかったことに今更気づく。:

« Robert Glasper Experimentの新作登場。ますますカテゴライズ不能に。 | トップページ | 出張前にどうしても見ておきたかった「ハドソン川の奇跡」:傑作である。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作