2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 来日を控えて,Joshua Redman~Brad Mehldauデュオ作がリリース。 | トップページ | Amazon Primeで見た「ショーシャンクの空に」。いいねぇ。 »

2016年9月12日 (月)

長年廃盤だったBeatlesのライブ盤の復活。

"Live at the Hollywood Bowl" The Beatles(Apple)

_20160911長年,廃盤の憂き目に遭っていた77年リリースの本作が,Ron Howard監督によるドキュメンタリー映画"Eight Days a Week"の製作に併せて,ボーナス・トラックを追加して再リリースされたことは実にめでたい。私はLPでも本作を保有しているが,プレイバック回数は決して多くはない。何と言っても,聴衆の歓声がこれほど大きいのは,本作かCheap Trickの武道館ライブぐらいではないかと思えるほどである。

逆にそうした臨場感が,往時のこの人たちの人気を物語っているわけだが,私はアルバム単位では"Rubber Soul"以降のアルバム中心でのリスナーだとしても,この人たちのライブ・バンドとしての力量を知ることができるこのアルバムは貴重である。テクノロジーに依存しない「素」の音楽だからこそ,ごまかしなしなのである。ライブ音源だけに粗を探せばいくらでもある訳だが,小難しいことを言いながら聞く音楽ではなく,単純に楽しめばいいのである。ボートラ4曲入れて,43分程度っていうコンパクトさもいいよねぇ。今の時代にこの音楽がどういう風に評価されるのかはよくわからないとしても,ファンとしては買わずにはいられない音源。それにしても懐かしいねぇ

Recorded Live at the Hollywood Bowl on August 23, 1964, August 29 & 30, 1965

Personel: John Lennon(g, vo), Paul McCartney(b, vo), George Harrison(g, vo), Ringo Starr(ds, vo)

« 来日を控えて,Joshua Redman~Brad Mehldauデュオ作がリリース。 | トップページ | Amazon Primeで見た「ショーシャンクの空に」。いいねぇ。 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。私もCD化を待ち望んでいたクチで、さっそく入手して半泣きしながら聴いています。ジャイルズの丁寧な仕事には好感がもてますね。

というわけで、TBお送りいたします。

奇天烈音楽士さん,こんにちは。TBありがとうございます。

どんなに手を加えても,聴衆の嬌声には圧倒されますが,それでもこの音源が簡単に聞けるようになったことは喜ぶべきでしょうね。

ジャケット・デザインですが,私はこのブルーのインパクトはなかなか好きですけどねぇ。別物として捉えればいいわけで,なんでもオリジナル通りであればいいというものではないと思いますが。もちろん,オリジナルにはオリジナルの良さがあることは認めてのことですが,映画があったからこその再発だと考えれば,これでもいいのではないかと思っています。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64188723

この記事へのトラックバック一覧です: 長年廃盤だったBeatlesのライブ盤の復活。:

» The Beatles / Live at the Hollywood Bowl(1964年&1965年) [奇天烈音楽館 Strange Kind of Music]
Musician●The BeatlesTitle●Live at the Hollywood Bowl(1964年&1965年)■Amazonより購入ご存じThe Beatlesの幻のライブ音源で長らくCD化が待たれていた「Live at the Hollywood Bowl」 [続きを読む]

« 来日を控えて,Joshua Redman~Brad Mehldauデュオ作がリリース。 | トップページ | Amazon Primeで見た「ショーシャンクの空に」。いいねぇ。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)