最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Amazon Primeで見た「ダーティハリー4」:既視感はあるが,通しで見たのは多分初めて。 | トップページ | 多忙につき...。 »

2016年8月30日 (火)

Nik Bärtsch Roninのリード奏者,Shaのリーダー作。

"Greatest Hits" Sha's Feckel (Ronin Rhythm Records)

Shas_feckel私はNik Bärtschたちの生み出すミニマル・ファンク的な音楽がかなり好きだと言ってよいが,本作は,そのNik BärtschのRoninやMobileのメンバーであるShaのバンドによるライブ・アルバムである。

そして思うのは,同じShaがやっても,編成が違うとこんなにも違う音楽になるのかということである。ここに収められた音楽がShaの本質なのかどうかはわからないが,彼の音楽性に影響を与えているものにKing Crimsonが含まれるであろうことが明らかになると言ってよいと思う。演奏のそこかしこに,King Crimson的なへヴィーな音楽が展開されているのである。だからと言って,Shaの吹く楽器がIan McDonald的という訳ではない。ユニゾンの展開,リズム・フィギュア,そしてサウンドがKing Crimson的なのだ。

そうした響きは,イギリスのバンド,Oceansizeの曲(本作には2曲収録)をやると顕著になり,Shaのオリジナルはもう少しミニマル度が高くなるように思える。それでも,Roninの音楽よりははるかにロック寄りである。因みに,Oceansizeというバンドは全く知らなかったので,Apple Musicで彼らのデビュー作を聞いてみたのだが,Oceansizeもミニマルな感じも示しながら,プログレ風味で,多少Crimson的なサウンドを聞かせるという意味では,なるほどって感じであった。いずれにしても,イギリス的なウェットなサウンドである。Sha's Feckelはそのアダプテーションとして,結構激しい演奏を展開しているということになる。

正直言ってしまうと,私はもう少しミニマル度が高いRoninの音楽の方が好きだが,これはこれでなかなか面白い。だからと言って,その後,リリースされた彼らのアルバムもあるようだが,それを購入するところまではいかないが...(笑)。星★★★☆。この時の演奏の映像もあったので,貼り付けておこう。面白いと思うか,どうかは皆さん次第ってことで。まぁ,ボリュームを上げて聞くべき音楽だなぁ。

Recorded Live at Kaufleuten Hof on October 11, 2011

Personnel: Sha(reeds), Urs Müller(g), Lionel Gafner(b), Kaspar Rast(ds)

« Amazon Primeで見た「ダーティハリー4」:既視感はあるが,通しで見たのは多分初めて。 | トップページ | 多忙につき...。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64121536

この記事へのトラックバック一覧です: Nik Bärtsch Roninのリード奏者,Shaのリーダー作。:

« Amazon Primeで見た「ダーティハリー4」:既視感はあるが,通しで見たのは多分初めて。 | トップページ | 多忙につき...。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作