2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Herbie Hancockボックスから,初めて聞いた"Mr. Hands"。思いのほかよかった。 | トップページ | 久しぶりにブート音源の話:今回はJames Blood Ulmerだ!(笑) »

2016年8月18日 (木)

Herbie Hancockボックスからの2枚目は「狼よさらば」のサントラだが,所詮サントラって感じの出来。。

"Death Wish: Original Soundtrack Recording" Herbie Hancock(Columbia)

_20160817Herbie Hancockボックスから2枚目に選んだのが本作である。「狼よさらば」って邦題はよくわからないが,私は中学生の頃,劇場でこの映画を見たはずである。映画そのものは典型的復讐劇ではあるが,その後,シリーズ化される人気作となったものの,私は続編は見たことがない(笑)。まぁ,その程度の映画である。

そのサントラ盤である本作であるが,Headhuntersの面々を中心とした演奏と謳っているものの,Herbie Hancockを敢えて起用するほどのスリル感がなく,典型的なサントラ盤に留まっていて,正直面白くない。これならば,Lalo Schifrinが書いた「ダーティハリー」等のスコアの方がはるかにジャズ的な要素,スリルに溢れていると言わざるをえない。ようやく彼らの音楽として認められるなぁと感じるには,最後の"Fill Your Hand"まで待たなければならないってのは流石につらい。

ってことで,ボックス・セットの1枚でなければ,サントラとしてはさておき,Herbie Hancockのアルバムとしては,私にとってはほとんど意味がない作品。正直言ってしまえば,ボックスに入れる必要があったのかという点さえも疑問。ボックスの枚数稼ぎ程度にしか感じられないので,星★ぐらいで丁度いいわ。

Personnel: Herbie Hancock(p, key), Bennie Maupin(ss), Paul Jackson(b), Mike Clark(ds), Bill Summers(perc), Wah Wah Watson(g) and Others

« Herbie Hancockボックスから,初めて聞いた"Mr. Hands"。思いのほかよかった。 | トップページ | 久しぶりにブート音源の話:今回はJames Blood Ulmerだ!(笑) »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64072673

この記事へのトラックバック一覧です: Herbie Hancockボックスからの2枚目は「狼よさらば」のサントラだが,所詮サントラって感じの出来。。:

« Herbie Hancockボックスから,初めて聞いた"Mr. Hands"。思いのほかよかった。 | トップページ | 久しぶりにブート音源の話:今回はJames Blood Ulmerだ!(笑) »

Amazon検索

2017年おすすめ作