最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 久しぶりに見た映画は「ブルックリン」。 | トップページ | 久しぶりに聞いた"Absent Lovers" »

2016年7月26日 (火)

ここまでやる?って感じのWoody Shawの未発表ライブ。マジで燃えるわ。

"The Tour Volume One" Woody Shaw / Louis Hayes(High Note)

Woody_shawこれまでもWoody Shawの未発表ライブ音源を発掘してきたHigh Noteレーベルから,またも新たな発掘音源の登場である。これがまじで暑い夏を更に暑くするような音源と言ってよいものである。何もここまでハード・ドライビングにやりまくらなくてもいいのではないかと思えるが,何かがWoody Shawを突き動かしていたと考えざるをえない。

このアルバムが吹き込まれた1976年は,クロスオーバー(フュージョン)・ミュージックに押され,ジャズが低迷期にあった時と考えられている。しかし,ライナーにもあるWoody Shawのセリフ通り,彼にとっては”By no means is jazz dead, that's essentially why Louis Hayes and I formed this band."ってことなのだ。彼が言いたいのは「どっこいジャズは生きてるぜ」って感じで,ジャズ・ミュージシャンとしてのアイデンティティを思い切り発露するということに,このバンド,演奏の意義があったってことである。

そうしたWoody Shawの意図の通り,ジャズが好きな人間であれば,大概の場合,ここに収められた音楽を聞けば興奮させられるという感じであろう。今の耳で聞けば,ちょいと勢いが余ったとさえ思わされる部分もあるが,そこまでやらなければ認められないという危機感の裏返しのようにさえ思えるのだ。だからこそ,暑苦しささえ感じるが,それでもいいのである。

私はこの音楽については,ライブの場にいる感覚で身を委ねればいいと思うし,これはそうした環境を生み出すために,事情が許す限り,できるだけボリュームを上げて聞いた方がよい音源である。ジャズの持つパワーを体現した強烈なライブとして,そしてWoody Shawのトランぺッターとしての実力,更に地味と言えば地味なのだが,実力十分のバンドのメンツによる強烈な演奏に耳を傾けて頂ければいいと思えるアルバムである。76年録音にしては,音質は良好(おそらくは放送音源であろう)なので,心配は無用である。星★★★★☆。

タイトルには"Volume One"とあるので,続編の登場を期待しよう。もしかすると,そっちはバラッド・アルバムにでもするのだろうか?いや,この演奏を聞けば,そんなはずはないな(笑)。

Recorded Live in Stuttgart on March 22, 1976

Personnel: Woody Shaw(tp), Junior Cook(ts), Ronnie Matthews(p), Stafford James(b), Louis Hayes(ds)

« 久しぶりに見た映画は「ブルックリン」。 | トップページ | 久しぶりに聞いた"Absent Lovers" »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63960315

この記事へのトラックバック一覧です: ここまでやる?って感じのWoody Shawの未発表ライブ。マジで燃えるわ。:

« 久しぶりに見た映画は「ブルックリン」。 | トップページ | 久しぶりに聞いた"Absent Lovers" »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)