最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 何を今更だが,Danny Grissettの端正なピアノ。 | トップページ | 仕事疲れを癒すにはこういう音楽が必要ってことで,Leszek Możdżer。 »

2016年7月22日 (金)

追悼,大橋巨泉

Photo大橋巨泉が亡くなったというニュースが大きく取り上げられたが,ジャズ評論家として,「中間派」というスタイルを命名したのが巨泉だということは,随分後になってから知った私である。

しかし,私の中で巨泉と同時代を過ごしてきたという印象が強いのは,「ゲバゲバ90分」,「お笑い頭の体操」,「11PM」,「クイズダービー」,「世界まるごとHowマッチ」,「ギミア・ぶれいく」と私の成長カーブと同期しながらいろいろな番組と接してきたことによるものだと思う。

いずれにしてもリベラルな人であり,多趣味な人であった。この人のスタイルは多分,現在の私に少なからず影響を与えていると思えるが,政治的な思想も多分似ていたんだろうと思う。 こういう人がいなくなることで,日本のTVはますますつまらないものになっていくと言わざるをえないし,メディアにおいてはっきり物を言う人が減少していくことは残念である。

急速な体調悪化が,モルヒネの過剰投与がトリガーとなっているという信じられない話もあるが,気力,体力の衰えの結果の死はあまりにも寂しい。私たちは気骨溢れるメディア人を失ってしまった。好き嫌いのわかれるタイプの人だったかもしれないが,彼の業績は認められるべきものであると思う。

R.I.P.

« 何を今更だが,Danny Grissettの端正なピアノ。 | トップページ | 仕事疲れを癒すにはこういう音楽が必要ってことで,Leszek Możdżer。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
大橋巨泉さんは個性があって好きでした。

7月9日号の巨泉さん連載コラム
「今週の遺言」最終回では、
「安倍晋三の野望は恐ろしいものです。
 選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい」

「このままでは死んでも死にきれない」という
安倍批判をしていますが

TVメディアが報じないのは世も末ですね。
野党もしょうもないですが
独裁自公政権の終わりを祈るばかりです。

Kさん,こんにちは。

全くおっしゃる通りです。私も「私の遺言」の内容は承知していました。今回の選挙結果を大橋巨泉が認識していたかどうかはわかりませんが,選挙民のどれだけが彼の言葉を受け止めていたのか...。

TVメディアは完全に思考停止になってしまったと思います。これではどこかの国の太鼓持ち放送と大差ないと言われても仕方ないですね。メディアの気概の失い方は末期的ですね。

確かに好き嫌い、はっきり分かれる方かもしれませんが、私は、自分の意見が言える人は、内容に関わらず、人間としての魅力を感じます。
今は、周りの人の意見を聞いて、最後に無難な意見を述べるか、皆さんにお任せします、特には、はぁ、、ありません、と、濁すか、言わない人が、賢い人だと言われていて、何となく、腑に落ちない想いでいます。テレビ番組作り、司会者としても、素晴らしい人でした。クイズダービーは、必ず家族で観ていましたが、解答の開け方、配当に、巨泉さんでしか出来ない技があったんですね。
番組内でも、はっきりご自身の意見があり、聞いていても、清々しいです。
反対意見の人には、気にくわないかもしれないけど、物事の良し悪し、過去の過ちをズバッと言える大人がいなくなることは、残念です。
是非、ご意思を引き継いで下さい。

ひまわりさん,おはようございます。

大橋巨泉のような物言いの人が少なくなることは,決して健康的なことではないと思います。政治にしても,メディアにしても,正論を通すことができないのはあまりに窮屈な社会と言わざるをえません。

大橋巨泉という人は,逃げないし,ブレない人だったと思います。もう少し政治の世界で頑張ってくれれば,状況はちょっとは違ったかもしれないと思います。つくづく逝去が惜しまれます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63947912

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼,大橋巨泉:

« 何を今更だが,Danny Grissettの端正なピアノ。 | トップページ | 仕事疲れを癒すにはこういう音楽が必要ってことで,Leszek Możdżer。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作