2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Fred Herschの新作が出た。聞いたことがないオリジナルが4曲も。 | トップページ | Brad Mehldauも参加した結構豪華なメンツによるWarren Wolfの新作 »

2016年7月17日 (日)

Coltraneの命日は私の誕生日ってことで,今日はColtraneである。

"The 1962 Graz Concert" John Coltrane Quartet(Jazz Lips)

_20160716主題の通りである。John Coltraneの命日を迎える度に,私は一つ歳を重ねることになる。ちなみに昨年亡くなった私の伯父の命日でもある。ということで,今日は私には珍しくColtraneの音源を取り上げることにしよう。

この演奏は元々がブート音源であって,音のクォリティは求めてはならないが,そこそこの音なので,別にこれぐらいなら私は全然気にならない。世の中にはこれよりずっと録音のひどいブートは存在する。まぁそれはさておきとして,この音源が多くの人に知られているのは,Clotraneが"Autumn Leaves",つまり「枯葉」をやっているからにほかならないと思う。ほかのレパートリーは,お馴染みのものばかりであるから,「枯葉」はある意味浮いているのだが,どうしてこの時,彼らが「枯葉」をやる気になったのかは全くの謎である。プロモーターにでもリクエストされたのかと邪推したく名rが,それでも,これがColtraneがリーダーの「枯葉」が聞ける唯一の音源だそうであるから,貴重なのである。

長いMcCoy Tynerの軽快なソロに続いて,ソプラノでColtraneが登場する瞬間は,やはりぞくぞくしてしまうが,テーマは最後に出てくるのみで,アドリブ勝負って感じが強く出ている。こうやって聞くと,何をやっても,ColtraneはColtraneであるという,当たり前の結論にしかならないが,それでもやっぱりこれは聞いておいて損はない。いずれにしても,2枚組にして,約130分という長丁場,体力のある人たちである(笑)。

ところで,甚だ余談であるが,1998年度の国民生活白書「中年-その不安と希望」では,中年世代を、おおむね40代 - 50代と定義づけているそうだから,まだ私のブログ名称はOKってことではあるが,四捨五入すると私も「アラカン」ということになってしまった。その割にはまだまだちゃらちゃらしているが(爆),これからもまぁ気力,体力の続く限り,無理のない程度にブログは続けていこうと思っている。

Recorded Live in Graz on November 28, 1962

Personnel: John Coltrane(ts, ss),McCoy Tyner(p), Jimmy Garrison(b), Elvin Jones(ds)

« Fred Herschの新作が出た。聞いたことがないオリジナルが4曲も。 | トップページ | Brad Mehldauも参加した結構豪華なメンツによるWarren Wolfの新作 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。
実は私の誕生日も同じでありまして、今丁度コルトレーンを聴きつつ、HPを見ておりました。(私はLive at Birdlandをチョイス。)
奇遇ですね。
この日は毎年必ずトレーンをかけます。夏場に聴くと暑さ倍増です。。
またこれからの記事を楽しみにしております。

コブさん,はじめまして,だと思います。コメントありがとうございます。

誕生日が一緒ってまさに奇遇ですが,いずれにしても因縁のある日ですよねぇ(笑)。基本的にやってることも一緒みたいですし(爆)。「暑さ倍増」っていうのもその通りですが,それを期待してプレイバックしているところもありますしねぇ...。

こんなしょうもないブログではありますが,引き続きご愛顧頂ければ幸甚です。

コメントありがとうございます。
いつもこのブログを拝見して、新譜情報を入手し、購入の参考にさせてもらっています。
趣味趣向が近いなと勝手に思ってますが、ここでの高評価の音源は私にとってもはずれた試しがありません。
また古くて懐かしいアルバムの記事を拝見すると、おそらく年代も近いのかと思っています。
(私は1965年生まれ)
何はともあれ、これからもブログ楽しみにしております。

コブさん,こんばんは。痛み入ります。

年齢的には私の方がちょっと上(61年生まれ)ですが,通ってきた時代,音楽は似ているってことでしょうね。

相変わらずの駄文垂れ流しですが,少しでもお役に立てれば幸甚です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63924177

この記事へのトラックバック一覧です: Coltraneの命日は私の誕生日ってことで,今日はColtraneである。:

« Fred Herschの新作が出た。聞いたことがないオリジナルが4曲も。 | トップページ | Brad Mehldauも参加した結構豪華なメンツによるWarren Wolfの新作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作