最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Herbie MannのアルバムにDuane Allman?ところがこれっていいのだ。 | トップページ | Apple MusicでBrecker Brothers Reunionのライブを聞く。 »

2016年7月 2日 (土)

久しぶりに聞いたBarbara Dennerleinだが,激しいねぇ。

"Hot Stuff" Barbara Dennerlein(Enja)

_20160701先日,法事があって実家に立ち寄った際に,持ち帰ったアルバムの一枚である。彼女のアルバムは私は本作と"That's Me"の2枚を保有するだけ(のはず。"Junkanoo"も持っていたかも...)だが,結構な別嬪さんから繰り出されるオルガン・ミュージックはかなり激しい。

まぁ,共演者を見れば,それは大体想定できるわけだが,決してコンベンショナルなオルガン・ジャズではなく(とは言え,"Killer Joe"とかちょいとゆるい"Seven Steps to Heaven"はさすがにジャズ的だが...),ロックのリスナーさえも巻き込みうる音楽だと言える。まぁ,ドラムスを叩いているのは,John McLaughlinとやっていたMark Mondesir(現在のRanjit BarotよりMark Mondesirの方がはるかによかったと思っている私...。)だし,ギターはBob Bergを迎えたアルバムでロック・タッチを聞かせたMitch Watkinsだからねぇ。Andy Sheppardも,先日のCarla Bleyのアルバムと同一人物とは思えないような吹きっぷり。そこにそもそも強力なDennerleinのオルガンが加わるのだから,激しくて当たり前か。

このアルバムは私が在米中に購入したものであり,もう四半世紀以上前の音源なのだが,古臭さは感じさせず,今でもこれならいけるのではないかと思える。Mitch Watkinsのギターを聞いていると,ここにWayne Krantzが入っても面白いかもなぁと思わせるものである。

この頃のBarbara Dennerleinはまだ20代半ばぐらいだから,まぁ若気の至りってところもあるかもしれないが,それでもこのアルバムは勢いがあって,今聞いても結構カッコいいと思う。ということで,別嬪さんに弱い私はついつい点も甘くなり,星★★★★☆。Bob Berg入りの"That's Me"もさっさと記事にせねば(笑)。

Recorded on June 6 & 7, 1990

Personnel: Berbara Dennerlein(org, synth), Andy Sheppard(ts), Mitch Watkins(g), Mark Mondesir(ds)

« Herbie MannのアルバムにDuane Allman?ところがこれっていいのだ。 | トップページ | Apple MusicでBrecker Brothers Reunionのライブを聞く。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63852507

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに聞いたBarbara Dennerleinだが,激しいねぇ。:

« Herbie MannのアルバムにDuane Allman?ところがこれっていいのだ。 | トップページ | Apple MusicでBrecker Brothers Reunionのライブを聞く。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作