2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« バリトン好きご用達? その名も"Baritone Explosion"。 | トップページ | 本田竹広がRhodesで聞かせる超絶グルーブ。 »

2016年6月20日 (月)

派手なのか地味なのかわからないオールスター・バンド(笑):The Power Quintet

"High Art" The Power Quintet(High Note)

Power_quintet私はなんだかんだと言って,Jeremy Peltを結構贔屓にしている方だが,一時,訳のわからない方向に寄り道しながら,昨今はストレート・アヘッドな世界に回帰しつつあり,今年リリースした""#JIVECULTURE"も(ジャケはさておき)なかなかの好アルバムであった。そんなPeltがプロデューサーとなって録音したオールスター・バンドのアルバムがリリースされた。このメンツを見れば,好き者は間違いなく反応するはずである。Pelt,Steve Nelson,ダニグリ,Peter Washington,そしてビルスチュなのだ。このメンツだけを見ていると,派手なのか地味なのかわからないところはあるが,実力者の集まりであることは間違いない。

演奏は,オールスター・バンドだからと言って,気負ったところがなく,ある意味淡々とプレイしている。メンバーのオリジナルを中心に,スタンダード1曲,Monkチューン1曲というのはまぁこの手のアルバムであれば,妥当な線であろう。正直言って,バンド名とは裏腹に,この人たちはパワーで押し切るようなタイプの人たちではない。ジャズのスリル的な快楽という観点では,もう少しぐわ~っとくるような曲があってもよかったようには思うが,プレイヤーとしてのこの人たちの特性,実力は十分に捉えられていると思う。とにかく破綻がないのである。まぁ,ダニグリのノーブルとも言える音楽を考えれば,それもうなずけない話ではない。

そうした破綻のなさを実力とするか,無難とするかについては議論があるところであるが,ツアーを行った後でのレコーディングのようなので,実力に加えて,このメンツにおけるコンビネーションは確立していたと感じられる演奏である。特に中盤で演じられるPelt作"Sage"とダニグリ作”Mr. Wiggleworm"当たりの流れが私には魅力的に響いた。全編を通して聞いてみると,やはりかなり落ち着いた演奏ということになるが,これはこれでかなりのクォリティなので,一聴の価値はあると思える。いずれにしても,これは夜向きの演奏だなぁ。ってことで,ちょいと甘めの星★★★★。

しかし,この購買意欲をそそらないジャケは何とかならなかったのかねぇ(笑)。

Recorded on December 8, 2015

Personnel: Jeremy Pelt(tp), Steve Nelson(vib), Danny Grissett(p), Peter Washington(b), Bill Stewart(ds)

« バリトン好きご用達? その名も"Baritone Explosion"。 | トップページ | 本田竹広がRhodesで聞かせる超絶グルーブ。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63794723

この記事へのトラックバック一覧です: 派手なのか地味なのかわからないオールスター・バンド(笑):The Power Quintet:

« バリトン好きご用達? その名も"Baritone Explosion"。 | トップページ | 本田竹広がRhodesで聞かせる超絶グルーブ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)