2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 突然のようにStephen Bishopが聞きたくなって...。 | トップページ | 五十嵐一生と辛島文雄デュオ。これはいいねぇ,どころではなく,感動的。 »

2016年6月 5日 (日)

Brad Mehldauの新譜をApple Musicでチェック。

"Blues And Ballads" Brad Mehldau Trio (Nonesuch)

Image現物はまだ届いていないが,Apple Musicで本作が聞けるようになったので,早速チェックした私である。

冒頭の"Since I Fell For You"からしてアルバム・タイトルに偽りなしの「ど」ブルーズであるが,これが全く違和感なしなのである。それでまずは嬉しくなってしまった私だが,全編を通して,このトリオの質の高さは相変わらず見事なものである。

振り返ってみれば,2012年に彼らの演奏をサントリー・ホールで聞いた時には,彼らはこうした音楽を探求していたのかもしれないと思わせる。事実,その時の演目と3曲被っているし,ライブの時もテンポは総じてミディアム以下だったからである。

実を言えば,その時にはライブに結構違和感をおぼえていた私だが,本作の演奏はよりこなれた感じがする。だが,"Cheryl"はやはり彼らに合っていないと思えるのは,ライブも本作も変わらない。Charlie Parkerの書いたメロディ・ラインがMehldauには向かないのだ。どブルーズの"Since I Fell For You"には違和感がないのに,"Cheryl"はダメなのである。"Cheryl"でもアドリブは問題ないので,やはり曲調の向き不向きだろう。

それ以外は一聴して全く問題なしの快演揃いである。"And I Love Her"を聞きながらく〜っとなっていた私である。そして終演の"My Valentine"で更にく〜っとなってしまった私である。

現物が届き次第改めて記事は書きたいと思うが,まずは第一報ということで...。

« 突然のようにStephen Bishopが聞きたくなって...。 | トップページ | 五十嵐一生と辛島文雄デュオ。これはいいねぇ,どころではなく,感動的。 »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

いやあ良いですねえ。どの曲も良いと思います。その中でもLittle Person, And I Love her, My Valentineは、特に気に入りました。My Valentineで中間部での美しいバラードを挟みそしてブルーズに戻るところには痺れます。
ところで、Blue Note New YorkでMehldau Scofield Guiliana聞きました。凄いですよ。

カビゴンさん,こんばんは。返信が遅くなりました。

Blue Noteで見られたんですか?羨まし過ぎる。そりゃ凄いですよねぇ。NYCに移住したい(爆)。

ところで,このアルバム,おっしゃる通りの出来だと思います。でもやっぱり"Cheryl"はこの人たちにはちょっとなぁって感じでした。それ以外は文句のつけどころはないと思っています。記事は改めて書きますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63734989

この記事へのトラックバック一覧です: Brad Mehldauの新譜をApple Musicでチェック。:

» ブラッド・メルドー・トリオBrad Mehldau Trio 「BLUES AND BALLADS」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
いっや~~~快感のアルバムだ!! <Jazz>Brad Mehldau Trio [続きを読む]

« 突然のようにStephen Bishopが聞きたくなって...。 | トップページ | 五十嵐一生と辛島文雄デュオ。これはいいねぇ,どころではなく,感動的。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)