2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Greg Phillinganes:「クロスオーヴァー&フュージョン1000」シリーズでもう1枚購入したのがこれ。完全なブラコンと言うかディスコ・サウンドと言うか...。 | トップページ | 今一度評価したくなったBernie Leadon~Michael Georgiades Band »

2016年5月 4日 (水)

Ben Webster:余裕綽々とはこれのこと。

"Ben Webster Meets Oscar Peterson" Ben Webster(Verve)

Ben_webster_meets_opCDラックを漁っていて,久しぶりに目についたのでプレイバックしたら,それが非常によかったなんて経験はしょっちゅうしているが,これもそんなアルバムである。世評も高いアルバムに甚だ失礼ながら,私が頻繁に聞くわけではない作品だが,聞いてみたらやっぱりよく出来ていたということで,記事にしてしまおう。

私はBen WebsterもOscar Petersonも熱心に聞いてきたわけではない。特にBen Websterはジャズ喫茶で"Soulville"を聞いたぐらいではないか。ではそんな私がなんでこのアルバムを保有しているのかが,これが全くわからない。父の遺品の可能性はあるが,それか完全なきまぐれでの購入である。しかし,これを聞いていると,ジャズとはくつろぎの音楽であると思わせるような,まさに余裕綽々のプレイぶりである。特にBen Websterのゆったりしたテナーは,ゆったり流れる大河を思わせると言えばいいだろうか。2曲目の”When Your Lover Has Gone"なんかを聞いていると,Ellingtonバンドの同僚/先輩,Johnny Hodges的なところも感じさせる。

いつも私が好んで聞いている音楽とは確かに違うが,たまにこういうのを聞くと,ジャズって懐が深いねぇと改めて感じてしまう。そして,聞いていて,ついつい耳をそばだててしまうぐらい魅力があるのである。こういうのは夜の帳が下りた頃,ウイスキー片手に聞くのが丁度いいだろうな。

やっぱり持っているCDはちゃんと聞かないといかんと改めて思わされた一枚。星★★★★☆。

Recorded in November, 1959

Personnel: Ben Webster(ts), Oscar Peterson(p), Ray Brown(b), Ed Thigpen(ds)

« Greg Phillinganes:「クロスオーヴァー&フュージョン1000」シリーズでもう1枚購入したのがこれ。完全なブラコンと言うかディスコ・サウンドと言うか...。 | トップページ | 今一度評価したくなったBernie Leadon~Michael Georgiades Band »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ben Webster:余裕綽々とはこれのこと。:

« Greg Phillinganes:「クロスオーヴァー&フュージョン1000」シリーズでもう1枚購入したのがこれ。完全なブラコンと言うかディスコ・サウンドと言うか...。 | トップページ | 今一度評価したくなったBernie Leadon~Michael Georgiades Band »

Amazon検索

2018年おすすめ作