2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« まだまだ007シリーズを見続ける私。 | トップページ | 久々に聞いたBoz Scaggsのスタンダード集 »

2016年4月 7日 (木)

初めて聞いたWolfert Brederodeのトリオ作はECMファンのツボに入るだろうなぁ。

"Black Ice" Wolfert Brederode Trio (ECM)

Black_ice_3既にECMレーベルにリーダー作を残しているWolfert Brederodeであるが,私はこれまで彼のアルバムは購入していないはずである。ECMではSusanne Abbuehlのアルバムに参加していて,今年の5月には彼女に同行して来日もするらしい。そんなWolfert Brederodeを今回が初聞きとなる私にとっては,"Black Ice"というタイトルからして興味津々というか,それからしてECM的な響きを期待してしまったのだが,その期待は裏切られることはなかった。

オランダ出身のWolfert Brederodeが今回のトリオを結成したのは2014年らしく,今回の作品がこのトリオにとってのデビュー作となるが,トリオ録音というのが,これまでWolfert BrederodeがECMからリリースしていたアルバムにはクラリネットが加わっていたことと異なる要因となる。そして,この作品だけを聞いていると,この音楽はピアノ・トリオで奏でられるべき演奏だと思えた。つまり成功である。ここで聞かれる静謐で清冽といういかにもECMレーベルとしての響きを見事に体現したものとなっているのである。最近のECMレーベルの作品だけでなく,優秀なエンジニアとして紹介されることの多いStefano Amerioによる録音も,このアルバムのイメージを作り上げるのに大きく貢献していると言ってよいように思う。

静かに展開される「トリオによるインタープレイ」なんていう表現は陳腐そのものであるが,好きな人間にはまじでたまらないのである。美しくも青白く光る炎のような音楽であり,いかにもECM的なアルバム。ECMレーベルによるECMらしい作品として,レーベル・ファンは必聴。点もついつい甘くなり星★★★★☆。Manfred Eicherの美学炸裂である。それにしても今年のECMも良作が続くねぇ。

Recorded in July 2015

Personnel: Wolfert Brederode(p), Gulli Gudmundsson(b), Jasper van Hulten(ds)

« まだまだ007シリーズを見続ける私。 | トップページ | 久々に聞いたBoz Scaggsのスタンダード集 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

トルド・グスタフセンとはまた違ったECMらしいピアノ・トリオのアルバムでした。こういうアプローチで来られると、ECM好きな人にとっては参ってしまう、という感じです。ただ、普通のジャズファンにはどうかなあ、って雰囲気もありますけど、好きならいいじゃない、と思います。

TBさせていただきます。

910さん,おはようございます。TBありがとうございます。

記事にも書きましたが,ECMレーベルのファンであれば無条件にOKなディスクだと思います。私もその例外ではありませんでした。

おっしゃる通り,一般のジャズ・ファンには厳しい部分もあるかもしれませんが,人それぞれってことで...。

ということで追ってTBさせて頂きます。

閣下、トラバありがとうございました。

この寂寥感ただよう静かな進行はつぼりますね。笑
静かで繊細な演奏ですが、ドラマチックな流れを感じるのがまた素敵です。
不思議な浮遊感にも惹かれました。

お二人のご指摘のように一般的なジャズファンの中からは、「どこがいいんじゃ!」って声も聞こえそうです。。

Suzuckさん,TBありがとうございます。

「この寂寥感ただよう静かな進行はつぼりますね。」とはまさしくその通りです。『一般的なジャズファンの中からは、「どこがいいんじゃ!」って声も聞こえそうです』が,それが何か?と言い返すか,完全に無視するのがECMファン(笑)。

逆に言わせてもらえば,こういう音楽のよさを理解できないというのは,私から言わせてもらえば,人生の何パーセントかを損していると思います(爆)。

 遅まきながら、「Susanne Abbuehl のライブ」で、彼の演奏を聴いてきましたのでコメントさせて頂きます。そうですね、「Black Ice」の全体的印象は、彼女からの影響もかなり受けているのではないかと思いました。けっして悪い意味で無く、むしろ良いと思っています。
 ライブ終了後は彼女を主役として、控えめでしたので、私は彼を捕まえて話しましたが、彼の印象は非常に素直な好青年という感じで良かったです。今後を楽しみにしてゆきます。そうそうTBもさせて頂きました。

風呂井戸さん,こんばんは。TBありがとうございます。

ライブ行かれたんですか。それは羨ましい。確かに今回の主役はSusanneの方ですから,控えめになるのも当然でしょうね。私はSusanne Abbuehlについては聞いたことがないので,今度試しに聞いてみますかねぇ。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63434341

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて聞いたWolfert Brederodeのトリオ作はECMファンのツボに入るだろうなぁ。:

» Black Ice/Wolfert Brederode Trio [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き、かなり間をおいて4日目。しばらく忙しかったり、花粉のせい [続きを読む]

» Black Ice / Wolfert Brederode Trio [My Secret Room]
連休?の谷間という切ない金曜日。 遊び疲れた身体にも、お仕事疲れの身体にも、すす [続きを読む]

» ヴォルフェルト・ブレデロ-デ・トリオWolfert Brederode Trio「Black Ice」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
静と思索を透明感ある演奏で・・・・     <Jazz>       Wolfe [続きを読む]

« まだまだ007シリーズを見続ける私。 | トップページ | 久々に聞いたBoz Scaggsのスタンダード集 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)