最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« またまた見てしまった007シリーズ。 | トップページ | 久しぶりにTunnelsを聞いた。ハイブラウだよねぇ。 »

2016年4月13日 (水)

後悔先に立たず:ライブを観に行っとけばよかったと思わされるKing Crimsonのトロントでのライブ。

"Live in Toronto" King Crimson (Dicipline Global Mobile)

Live_in_toronto昨年12月に来日して,ソールド・アウトを連発したKing Crimsonであるが,私は彼らと不釣り合いな感じがするオーチャード・ホールというヴェニューと,彼らにしては高過ぎると思わせるチケットに腰が引けて,ライブには結局行かなかった。しかし,その後のいろいろな方の反応を拝見していたり,メディアでのカヴァレッジを見ていて,行かなかったのは失敗だったかなと思い始めていた。そんなところに届いたのが来日直前の昨年11月に,カナダはトロントで収録されたライブ盤がデリバリーされたので,早速聞いてみたのだが,結局思ったのは行かなかったのは失敗だったということである。現在進行形でありながら,過去のレパートリーにも目配りをしたこの選曲,この演奏は見ておけばよかったと思わせるに十分である。70歳を前にしたRobert Frippを含め,一番若いGavin Harrisonでも52歳というロートル揃いでありながら,大したものだと言わざるをえない。

私がかなり遅れてきたKing Crimsonファンであることはこのブログでも書いてきたが,そうは言っても一旦はまると,かなり中毒のようになってしまい,今や結構な枚数のCDを保有している。実を言うと,「太陽と戦慄」ボックスも,「レッド」ボックスも買ってしまっているのだ。だったら,ライブも行くのが筋だったと今更激しく後悔しても,もはや手遅れである。そんな私の心を若干でも救ってくれるのが,このアルバムを通じて,ちょっとはライブの模様を追体験できるということなのだ(とはちと大袈裟か)。

現在の編成の特徴はトリプル・ドラムスとサックスのMel Collins再加入ってことになるだろうが,それに加えてヴォーカルのJakko Jakszykがバンドに入ったことにより,Adrian Belewでは歌えなかったであろう曲も演奏できてしまうようになったことが大きいように思う。Jakko Jakszykの声は若干線が細くて,私の好みではない(やっぱりJohn Wettonがいい...)のだが,ライブで"Epitaph"がやれるのは彼がいるからだと言ってもよいように思う。

それにしても,レパートリーの幅も広く,このライブ盤(もちろん生でも)を聞いたら,昔ながらのファンだって大喜びしてしまうだろうこと必定である。物凄いテンションで展開される演奏を聞きながら,彼らもまた年齢不詳だよなぁと思いつつ,この現役感を失わないミュージシャンシップには恐れ入ったと言わざるをえない。ライブはまじで凄かったんだねぇと改めて思わされたドキュメンタリー。自戒の意味も込めて星★★★★★としてしまおう。お見それしました。

Recorded Live in Queen Elizabeth Theater, Toronto on November 20, 2015

Personnel: Mel Collins(sax, fl), Robert Fripp(g), Gavin Harrison(ds), Jakko Jakszyk(vo, g), Tony Levin(b, stick), Pat Mastelotto(ds), Bill Rieflin(ds, key)

« またまた見てしまった007シリーズ。 | トップページ | 久しぶりにTunnelsを聞いた。ハイブラウだよねぇ。 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

 私も新キング・クリムゾン・ジャパン・ツアー不参加の反省組です。とにかくフリップ翁にはこのところ裏切られっぱなしで・・・・、そんなところもあって消極的でした。しかし、今回の企画は久々に本物ですね・・・と、思いますが。
 このバンドもどうなるか解りませんから、やっぱり参加すべきだったと反省してブートを漁っています。
 

風呂井戸さん,こんばんは。TBありがとうございます。

私は裏切られたって気はしてない(というか悪評の前作を聞いていない)のですが,今回のライブはレパートリーこそ懐古的な部分はありつつも,演奏の迫力に圧倒されたのでした。

まだまだ彼らは行けると思いますね。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

こんばんは。

久しぶりにいい意味で裏切られた名盤ですね。正直に言いまして80年代前半以降のCrimsonの新作は全く聴いていませんでしたが、こんな素晴らしいライブ盤に出会えて良かったです。
もちろん、重箱の隅を突きだせばいろいろ出てきますが…。でも、そんな些細なことなど吹き飛ばすパワーを感じました。
ところでわが家にも「レッド」「宮殿」「スターレス」「戦慄」のボックスが鎮座しております。

のちほどTBさせていただきます。

奇天烈音楽士さん,こんにちは。TBありがとうございます。返事が遅くなりまして,申し訳ありません。

これは正直言って想像をはるかに越える演奏だったと言ってもいいと思います。全然パワーが落ちていないっていうのが凄いですし,どういう生活をしていたら,こんな爺さんたちになれるんだろうかと思ってしまいました。

いずれにしても,ライブに行かなかったのは完全に失敗でした。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63461332

この記事へのトラックバック一覧です: 後悔先に立たず:ライブを観に行っとけばよかったと思わされるKing Crimsonのトロントでのライブ。:

» 新キング・クリムゾンKing Crimson-その4-           「2015ジャパン・ツアー」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
USツアーに無かった”Epitaph”,”The Court of the Cr [続きを読む]

» 新キング・クリムゾン-その3-「Orpheumライブ・アルバム」の不満は何か [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
 ブートの充実度を聴くと・・・空しいフリップ・オフィシャル盤戦略  新キング・ク [続きを読む]

» King Crimson / Live In Toronto(2016年) [奇天烈音楽館 Strange Kind of Music]
Musician●King CrimsonTitle●Live In Toronto(2016年)■Amazonより購入久しぶりにKCネタです。昨年暮れに来日したKing Crimsonのライブ音源が「Collectors' Club」からリリースされたので早速入手しました。20... [続きを読む]

« またまた見てしまった007シリーズ。 | トップページ | 久しぶりにTunnelsを聞いた。ハイブラウだよねぇ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)