最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Tedeschi Trucks Band@武道館。多少の瑕疵はあっても,この人たちのライブは楽しいねぇ。 | トップページ | 中古で拾ったなかなかスリリングなバリトン・サックスのアルバム »

2016年4月 3日 (日)

ECMからリリースされた菊地雅章のソロ・ライブが素晴らしい。

"Black Orpheus" 菊地雅章(ECM)

Kikuchi_2まず記事の訂正から。私はこの記事をアップした時に,このアルバムのライナーにクレジット表記がないように書いてしまいましたが,私が見逃していただけでした(酔っぱらっていたわけではないはず...)。大変失礼しました。つきましては,ライナーの記述内容を踏まえ,記事の内容を若干修正させて頂きます。

菊地雅章が亡くなったのは去年の7月のことであったが,彼が2012年10月に東京文化会館で開いたソロ・リサイタルの模様が,ECMレーベルからリリースされ,早くもデリバリーされた。ECMの新譜では未聴のアルバムがまだ残っているのだが,まずはこれを聞くことにした。

このアルバム,スリーブにはAn ECM Productionとあるので,Manfred Eicherがプロデュースしたものではない。Manfred Eicherがどこかでこの音源を見つけてきたか,持ち込まれたものをそのままリリースしたということなのだろう。だが,Eicherがそういう行動を取ったとしても頷けてしまうような,これが素晴らしい音源である。しかし,Eicher自身とJan Erik Kongshaugのミキシングによって,完全にECMの音になっている。YouTubeで見られるこの時の演奏と比べれば,その違いは明らかである。

菊地本人が"Floating Sound and Harmonies"と呼ぶ内省的かつ詩的な即興は,もはや現代音楽的だと言ってもよい。超スロー・テンポで演じられるタイトル・トラックの「黒いオルフェ」の放つ音の深みを聞けば,身じろぎもせずにこの音楽に対峙しなければならないと思わされてしまう。Keith Jarrettも近年,現代音楽的なソロを聞かせることがあるが,私は菊地がここで聞かせる音楽により感動をおぼえる。そして,このリサイタルを聞きに行かなかったことを後悔した。

これは素晴らしい音楽だが,必ずしも多くのリスナーに訴求するものではないだろう。しかし,ここで聞かれるピアノの響きには,耳をそばだてる人も多いはずである。超一流のピアノ作品というのはこういうものだと感じさせる感動的な一作。よくぞリリースしてくれましたとECMレーベルに感謝したくなる作品。凄い。そして素晴らしい。そして改めて菊地雅章という才能を失ったことを惜しいと感じさせる傑作。アンコールの"Little Abi"まで一瞬たりともこちらも気が抜けないし,そういう演奏をした菊地雅章の集中力には脱帽するしかない。星★★★★★。

これならば,Peter Serkinが弾く現代音楽のアルバムと同じぐらいプレイバックしたくなること必定である。

Recorded Live at 東京文化会館小ホール on October 26, 2012

Personnel: 菊地雅章(p)

« Tedeschi Trucks Band@武道館。多少の瑕疵はあっても,この人たちのライブは楽しいねぇ。 | トップページ | 中古で拾ったなかなかスリリングなバリトン・サックスのアルバム »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

現代音楽」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい演奏ですね。何回も聴いています。仰せのように現代音楽的でもあり、オリジナリティに溢れていますね。
残念なのはECMの音響処理。彼のピアノ自体がECM的な残響を強くコントロールしているので、黒いオルフェと小さなアビーでは音の鋭さ、を損なっているように思いました。
是非、彼のAfter Hoursの2枚を聴いてみてください。素晴らしいです。

kenさん,こんばんは。TBありがとうございます。

YouTubeの演奏と比べると,確かに音は実際のものとは違いますね。ですが,それをよしとしてしまうのが,私です(笑)。音に対する感覚は違っても,感動的な音源であることには間違いなく,何度でも聞きたくなるアルバムですね。

逆に,これが原音に近ければ,聞いていてどっと疲れが出るかもしれないなぁなんて思いました。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

やはりいつもより音数が多くて、唸り声が聞こえないライヴでしたけど、素晴らしい記録を残してくれました。これが最後のコンサートというのが残念でなりません。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。返事が遅くなり,申し訳ありません。

YouTubeにアップされている音との違いには驚かされますが,完全にECMの音に変容を遂げているのが凄いですね。それがいいのか悪いのかはわかりませんが,ECM好きにとっては,この音の方がフィット感が強いと感じました。

いずれにしても,素晴らしい音源を残していたくれたものです。改めて,惜しい人を亡くしたと思います。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

閣下、トラバありがとうございました。
私もアイヒヤーの創り出した音の世界が好きです。
そして、ソロはかくあるべきみたいな、お手本のような素晴らしい演奏だとおもいますが。

Suzuckさん,こんばんは。TBありがとうございます。

そうですね。YouTubeに残っている菊地の音と,このアルバムのん音は明らかに違いますから。どちらがいいかと言えば,私も間違いなくこっちなんです。それは菊地の音楽の本質ではないかもしれません。しかし,録音,ミキシングも芸術の要素だと思っていますし,ECMらしさが炸裂していました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63428495

この記事へのトラックバック一覧です: ECMからリリースされた菊地雅章のソロ・ライブが素晴らしい。:

» [ECM2459] 菊地雅章: Black Orpheus (2012) ある奏者のLast Date [Kanazawa Jazz days]
(何はともあれ、発売に漕ぎ着けたこと、をよろこびたい、と思う) 誰もが知っている場所で、だけど誰も見たことがない場所へ行ってしまった、ある奏者のLast Dateを捉えた、ドキュメンタリーである。それだけで、価値はあり、またその内包するcontextは強すぎて、言葉でイ...... [続きを読む]

» Black Orpheus/Masabumi Kikuchi [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベルの新譜が5枚届いているので、聴いていきたいと思います。今回の目玉は [続きを読む]

» Black Orpheus / Masabumi Kikuch (菊地雅章) [My Secret Room]
2015年の夏に亡くなった孤高のピアニスト菊地雅章。生前最後となった2012年の [続きを読む]

« Tedeschi Trucks Band@武道館。多少の瑕疵はあっても,この人たちのライブは楽しいねぇ。 | トップページ | 中古で拾ったなかなかスリリングなバリトン・サックスのアルバム »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)