2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 長く続かなかったMosaic Contemporaryから出たFreddie Hubbard盤 | トップページ | Peter Erskineのライブの戦利品。 »

2016年3月 4日 (金)

古いStan Getzが聞きたくなり...。

"In Stockholm" Stan Getz(Verve)

Stan_getz_in_stockholm先日,Stan Getzの未発表音源,"Moments in Time"をこのブログにアップしたばかりだが,あれはあれでいいアルバムだったとして,その後猛烈にGetzの古いアルバムが聞きたくなって取り出したのがこのアルバムである。

洒脱の極みとも言うべきリラックスした音楽を聞いてて,心地よいと感じないリスナーはいないと言いたくなるほど,こういうStan Getzはよい。曲は小唄みたいな感じだが,そこにGetzのアドリブの乗った時の素晴らしさは,本当に魅力十分である。「虹の彼方に」のような曲でさえもGetz色に染めてしまうこの人の歌心は,やっぱり最高だと思わせる。

私は昔から結構音源は保有しながらも,若い頃にはほとんどGetzの魅力がわかっていなかったと言ってもよいのだが,中年に差し掛かる頃,突如としてStan Getzの音楽が魅力的に響いてきたのだった。ジャズ喫茶で浴びるようにジャズばかりを聞いていて,Thelonious Monkの魅力が19歳の私に突如理解できたのにも匹敵する,突然の降臨って感じと言えばお分かり頂けるだろうか。

ジャズマンは作曲能力で勝負しなくても,アドリブ一本で人を屈服させられると感じさせるのがStan Getzという人だと改めて思えたい一枚であった。やっぱりGetzはいいですわぁ。ということで,星★★★★★。この人のテナーの音に比肩しうるのは,Paul Desmondのアルトしかないと思っている私である。

Recorded on December 16, 1955

Personnel: Stan Getz(ts), Bengt Hallberg(p), Gunner Johnson(b), Anders Burman(ds)

« 長く続かなかったMosaic Contemporaryから出たFreddie Hubbard盤 | トップページ | Peter Erskineのライブの戦利品。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63287047

この記事へのトラックバック一覧です: 古いStan Getzが聞きたくなり...。:

« 長く続かなかったMosaic Contemporaryから出たFreddie Hubbard盤 | トップページ | Peter Erskineのライブの戦利品。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)