2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Milesバンド出身者を中心に繰り広げられたトリビュート・ライブ | トップページ | Mavis Staplesの新作は悪くないんだけど...。でもアルバム後半はかなりいいと思う。 »

2016年3月23日 (水)

Piazzolla芸術極まれりと思えるハイ・テンションのライブ

"Tristeza de un Foble A" Astor Piazzolla y su Quinteto Tango Nuevo (Messidor)

Aa私はAstor Piazzollaの熱心な聞き手という訳ではないが,それでも彼の"Tango: Zero Hour"には心底痺れているのは事実である(同作に関する記事はこちら)。それがあまりに物凄い緊張感を持った音楽であるため,そんなしょっちゅう聞こうとは思わないのだが,先日,いつもお邪魔している新橋のテナーの聖地,Bar D2で突然この作品がプレイバックされて,マスターにまたもチャレンジされたって感じになってしまった(笑)。とにかく,このアルバム,冒頭の22分に及ぶタイトル・トラックが強烈で,正直言って,これ一曲のためだけに手に入れる価値があると感じてしまった。ということで,いつものように,私が廃盤となっている本作の中古盤を求めてネットを徘徊の上,クリックして発注したのであった(爆)。

そして,海外のセラーから届いたこのアルバムを改めて聞いたのだが,アルバム全体を通じて素晴らしい出来であることは紛れもない事実であるが,それでも本作はタイトル・トラックこそが白眉と言ってもよいだろう。Piazzollaのソロからアンサンブルに転じていくが,ここで聞かれるPiazzollaのソロを名演と言わずして何と言うか?という感じである。それは聴衆の熱狂的な反応からも明らかだろう。

更に,バンドとしての緊密性も高く,いつものようにテンションが高い。本作が吹き込まれたのは"Tango: Zero Hour"と同年ということになるが,この年,Astor Piazzollaの創造力はほとんどマキシマムになっていたと思わざるをえない傑作ライブ。いやいや,それにしても凄いや。ってことで,星★★★★★しかあるまい。こんな作品が3年前に国内で再発されても,今や入手困難というのは悲しいねぇ。まぁ,大した枚数も売れないのだろうが,こういうのは文化遺産として常に聞けるようにしておく必要があると思うなぁ

Recorded Live at Konzerthaus, Vienna in November 1986

Personnel: Astor Piazzolla(bandoneon), Fernando Suárez Paz(vln), Pablo Ziegler(p), Horacio Malvicino(g), Héctor Console(b)

« Milesバンド出身者を中心に繰り広げられたトリビュート・ライブ | トップページ | Mavis Staplesの新作は悪くないんだけど...。でもアルバム後半はかなりいいと思う。 »

ワールド・ミュージック」カテゴリの記事

コメント

4月から仕事の関係上、ブエノスアイレスでの生活を始めるので、ピアソラのアルバムでも聞き込もうかと思います。参考にさせて頂きます。

こんにちは。「星五つ」有難うございます。本日も聴きなおします。

カビゴンさん,続けてこんばんは。

ひゃ~,ブエノスアイレスですか。凄いですねぇ。是非本場でのタンゴもお楽しみ下さい。でもこんなテンションの高い音楽ばかり聞いていると,身体が持ちませんが(笑)。

マスター,こんばんは。星五つは当然でしょう(笑)。本当に凄い人たちでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63371794

この記事へのトラックバック一覧です: Piazzolla芸術極まれりと思えるハイ・テンションのライブ:

« Milesバンド出身者を中心に繰り広げられたトリビュート・ライブ | トップページ | Mavis Staplesの新作は悪くないんだけど...。でもアルバム後半はかなりいいと思う。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)