最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Peter Erskineのライブの戦利品。 | トップページ | 出張中に見た映画(16/01-02編):その4は「スティーブ・ジョブズ」 »

2016年3月 7日 (月)

Peter Erskineライブ参戦記

_20160306新作に関する記事も既にアップ済み(記事はこちら)だが,Peter Erskineが結成したエレクトリック・バンドを引き連れ来日したので,彼らの演奏を聞きに,Cotton Clubに出掛けてきたのは,先日その戦利品をアップしたので既にご承知の通りである。

今回はWeather Reportの2016年版のようなプロモーションのされ方をされているこのバンドだが,新作の記事にも書いた通り,それほどWR的ではない。もちろん,Bob SheppardのテナーがまるでWayne Shorterのように響くこともあれば,ベースのJanek Gwizdalaがシークェンサーを使って多重的に演奏を行う姿はJaco Pastoriusを彷彿とさせるものであったが,だからと言って,WRにこだわらなくとも,このバンドの演奏は十分に楽しめるものだったと思う。

とにかく,Peter Erskineの叩き出すドラムスのグルーブ感が非常に心地よく,この人の技量の素晴らしさをつくづく感じさせられた。ドラムスの素人である私が聞いても「凄い」と思えるうまさである。かつて,私はKeith Carlockのドラムスを「歌っている」と評したことがあるが,Peter Erskineのドラムスにも歌心を感じていた私であった。

また,ライブの最中,ずっと思っていたのだが,Erskineのスティックより普通より長いように思えた。ネットで調べると,殊更彼のスティックが長いということはないようで,だとすれば,握る位置がスティックの端の方ということなのだろうとも思えるが,そうならばかなり手首の力が強くないとああいう演奏はできないはずである。それでいながら,あのサトルな響きを生み出すっては凄いことなんだろうと改めて思ってしまった。Peter Erskineに限らず,このバンドのメンツの実力は高く,非常に満足度は高かった。

しかし,私としては,金曜日の夜だというのに,こういうバンドのライブがフルハウスにならないってのは全く以て不思議と言わざるをえない。Cotton Clubがいろいろとクーポンを出しまくっているにもかかわらずなのである。私は結構割安で見られたから文句はないが...。逆に,どう見てもPeter Erskineとは縁のなさそうな女性たちが,あたかも女子会のように来場しているのも不思議な光景であった。だが,プロっていうのは客入りに関係なくきっちり演奏する姿を私は何度も目撃しているので,心配はしていなかったが,彼らもその例外ではなく,非常にいい演奏を聞かせてもらったと思っている。

Peter_erskine_signing終演後,Bob Sheppardと話した後,Peter Erskineとも話をしたが,Bob SheppardはWindham Hill Jazzから出た彼のアルバムを持っていたら,「おぉっ,これは古いなぁ。俺もまだ髪があったよ」なんてジョークをかましてくれた。Peter Erskineも終始上機嫌で,今日アップした彼の初リーダー作を見て,「俺も若かったな」なんて言いながら,ジャケの写真を撮ったカメラマンの話をしてくれた。我ながらミーハーだと思いつつ,CDを5枚差し出した私だが,気持ちよくサインに応じてくれ,まじでいいオジサンたちだと感じながら,家路についた私である。

Live at Cotton Club on March 4th, 2016, 2ndセット

Personnel: Peter Erskine(ds, perc), John Beasley(key, synth), Janek Gwizdala(b),Bob Sheppard(ts),

« Peter Erskineのライブの戦利品。 | トップページ | 出張中に見た映画(16/01-02編):その4は「スティーブ・ジョブズ」 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63306453

この記事へのトラックバック一覧です: Peter Erskineライブ参戦記:

« Peter Erskineのライブの戦利品。 | トップページ | 出張中に見た映画(16/01-02編):その4は「スティーブ・ジョブズ」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作