2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Bob Dylanの来日公演には行けそうにないので,ライブ盤で我慢する私(苦笑) | トップページ | 超久々のチェコのミュージシャンによるCDのレビュー・シリーズ(3):Bobby Watson入りのLibor Šmoldasのアルバム »

2016年3月27日 (日)

暇さえあれば007シリーズを見続ける私...。

007_2Amazonプライムに加入していると,結構な数の映画をタダで見られてしまうので,「眠狂四郎」シリーズとかを結構見ている私だが,最近,Amazonプライムに「007」シリーズが,最新作「スペクター」を除いて加わって,そもそもこのシリーズ好きの私は,暇さえあれば,PCやTVでシリーズの映画を見ている。そして,Amazonプライムで見られる作品にはご丁寧に旧「カジのノ・ロワイヤル」や「ネバーセイ・ネバーアゲイン」まで加わっているのである。わかっているねぇ,と言いたくなるところだが,まんまとAmazonの思うつぼという感じになっている私である。

これまで見ただけでも「ドクター・ノオ」,「女王陛下の007」,「死ぬのは奴らだ」,「消されたライセンス」といった具合である。これを見ればお気づきだろうが,一応主演男優が異なるものを見ていて,その違いを体感しているところである。正直言って,昔のこのシリーズの映画を見ると,時代を感じさせたり,いかにも予算を掛けてないよねぇと思わせる部分もあるのだが,それでもそれなりに楽しんでいる私である。

Photoいくらこのシリーズが好きと言っても,まだまだ未見の作品(上記4本のうち,「死ぬのは奴らだ」と「消されたライセンス」は初めて見た)もあるわけで,これからもどんどん見たいと思うが,上記4本の中では未見ではなかったものの「女王陛下の007」を久しぶりに見て,シナリオに穴はあると思いつつ,なかなか面白いと思えた。但し,George Lazenbyの演技はねぇ...と思わせるのが難点で,彼のその後の役者人生を物語っていたようにも思える。また,Timothy Daltonの2作も未見だったのだが,「消されたライセンス」もなかなか面白い作品だったと思えた。若かりし頃のBenicio del Toroが悪役の手下として,憎らしい演技をしているという発見もあったしねぇ。

ってことで,これからも何本も見ていくことになるであろうことは間違いないが,こういうサービスなら大歓迎だよなぁ。ってことで,次はPierce Brosnanのシリーズで見ていないものにしてもいいのだが,それはDVDを持っているってことで,日本を舞台にして,今見たら多分笑ってしまうだろう「007は二度死ぬ」を再見することにするか。

« Bob Dylanの来日公演には行けそうにないので,ライブ盤で我慢する私(苦笑) | トップページ | 超久々のチェコのミュージシャンによるCDのレビュー・シリーズ(3):Bobby Watson入りのLibor Šmoldasのアルバム »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私は意外とティモシー・ダルトンの007が好きです(^^ ベニチオ・デル・トロ、後年名を馳せましたが、最初は分かりませんでした。007では白面の優男で何となく得体の知れないチンピラ役でしたので…。

ブラウンさん,こんにちは。

私がBenicio del Toroを初めて意識したのは「トラフィック」だったはずですので,全然イメージ違いますよねぇ(笑)。

Timothy Daltonの2作はiMDBの評価はそうでもないのに,結構日本では評価が高いように思えます。少なくとも私にとってはRoger Mooreのシリーズよりはいいように思えますし,「消されたライセンス」も面白かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63376216

この記事へのトラックバック一覧です: 暇さえあれば007シリーズを見続ける私...。:

« Bob Dylanの来日公演には行けそうにないので,ライブ盤で我慢する私(苦笑) | トップページ | 超久々のチェコのミュージシャンによるCDのレビュー・シリーズ(3):Bobby Watson入りのLibor Šmoldasのアルバム »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)