2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 55 Bar連チャン参戦記(2):大人気のWayne Krantz | トップページ | 出張ほぼ終了。 »

2016年2月 1日 (月)

NYC最後の夜に見たMack Avenue Super Band

Image

今回の出張もあとは帰国するだけとなった。週末はNorth Carolinaで一仕事こなし,先ほどようやくJFKに戻り,空港そばで一泊し,あとは飛行機に乗るだけである。とは言っても現地時間でも間もなく日付が変わろうとしているので,結構バテバテなのだ。

ともあれ,今回は仕事が結構きつかったにもかかわらず,NYC(マンハッタン)に3泊し,3日ともクラブに行ってしまった。我ながらよくやるが,最終日はさすがにダウンタウンまで出かける気力もなく,ホテルの近場でってことで,行ったのがBirdlandである。やっぱり55 Barとは違うねぇ(笑)。出演していたのがGary BurtonやChristian McBrideが参加するMack Avenue Super Bandである。彼らは昨年のデトロイトでのライブ音源はリリースしているが,私は未聴であった。Gary Burtonが管と共演というのはどうなのかと思っていたのだが,ライブを見て食わず嫌いはいかんと思ってしまった。実にいい演奏だったのだ。ハード・バピッシュだろうが,バラッドであろうが関係なく楽しめた。

Gary Burtonがいいのは当たり前だが,2管のFreddie HendricksとTia Fullerも実力十分,そしてバックを支えるChristian McBrideトリオのレベルの高いことよ。3人揃ってすごい実力だが,McBrideが聞かせたロング・ソロには本当に唸らされた。思い起こせば私がMcBrideを初めて知ったのは90年代初頭の在米中のことであり,まだティーン・エイジャーだったにもかかわらず,物凄いと思ったのだが,更に凄みを増したようにさえ思えた。これはトリオによるライブ盤を買わないといかんなぁ(苦笑)。

演奏時間がやや短めだったのは残念だが,$45のチャージの元は完全に取ったって感じである。つくづくNYCは素晴らしいと思った出張であった。

Live at Birdland Jazz Club on January 29, 2nd Set

Personnel: Gary Burton(vib), Freddie Hendricks(tp, fl-h), Tia Fuller(as, ss), Christian Sands(p), Christian McBride(b), Carl Allen(ds)

« 55 Bar連チャン参戦記(2):大人気のWayne Krantz | トップページ | 出張ほぼ終了。 »

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63151062

この記事へのトラックバック一覧です: NYC最後の夜に見たMack Avenue Super Band:

« 55 Bar連チャン参戦記(2):大人気のWayne Krantz | トップページ | 出張ほぼ終了。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)