2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 祝再発!Niels Lan DokyとBob Bergの共演ライブ。しかも1,080円って...。 | トップページ | Stan Getzの未発表音源。抜群の安定感というか,はずさないねぇ。 »

2016年2月29日 (月)

Bonnie Raittの新譜がすこぶるよい。

"Dig in Deep" Bonnie Raitt(Redwing)

Dig_in_deep昨今はApple Musicで試聴してからCDを購入するということが随分増えた私だが,それでも新譜情報を入手すると無条件に発注/入手してしまうミュージシャンもいる。Bonnie Raittもそんな人である。一時期,私が彼女への関心を失っていたのも事実なのだが,前作"Slipstream"の出来もよく,またまた彼女への信頼度が私の中で上がったこともあり,このアルバムを発注したのも,ネットに新譜情報がアップされた直後のことであった。

そして,デリバリーされたアルバムを早速聞いてみたのだが,これがロック心溢れるナイスなアルバムであった。前作でも4曲をプロデュースしたJoe Henryプロデュースによる1曲を除いてBonnie Raitt自身がプロデュースしているが,前作に増してロックを感じさせるのである。

私はTedeschi Trucks BandのSusan TedeschiとBonnie Raittの声に近しいものを感じているが,Tedeschiを更にハスキーにした感じのBonnie Raittが,Tedeschiよりはるかに年長にもかかわらず,よりロックしているのが何とも心地よかった。ルーツ・ロック的と言ってもよいが,非常にパワフルなのである。60代も半ばを過ぎたとは思わせない姉御ぶりの前では,Susan Tedeschiがまだまだ小娘に思えてくる(爆)。

終盤2曲はしっとり歌い上げて,余韻を残す作りというのもよく出来ていて,私は前作同様もしくはそれ以上に評価したくなってしまう作品である。いつものようなフレーズで恐縮だが,アメリカン・ロック好きならば,間違いなくこのアルバムは気に入るはずである。星★★★★☆。

Personnel: Bonnie Raitt(vo, g), George Marinelli(g, mandolin, vo, perc), Joe Henry(g), Bill Frisell(g), Greg Leisz(g), Mike Finnigan(p, org, key), John Clearly(key, vo), Patrick Warren(p, el-p, org), James ”Hutch" Hutchinson(b), David Pilch(b), Ricky Fatar(ds), Jay Bellrose(ds), Arnold McCuller(vo), Maia Sharp(vo), Paul Brady(vo)

« 祝再発!Niels Lan DokyとBob Bergの共演ライブ。しかも1,080円って...。 | トップページ | Stan Getzの未発表音源。抜群の安定感というか,はずさないねぇ。 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。きわめて狭い範囲でしか反応できませんが、当該アルバムは既にアナログで確保しています(^^ おっしゃるとおり前作も良かったので本作も聴くのが楽しみです。 今年のグラミーでもほんの少しボトルネックで演奏してましたネ。スーザン・テデスキーも大のお気に入りです。残念ながらLIVEには行けませんが・・・

ブラウンさん,こんばんは。グラミーにも出てたんですね。

Bonnie Raittにしろ,Susan Tedeschi(もしくはTedeschi Trucks Band)にしろ,アメリカン・ロックを好むリスナーへの訴求力は高いってことだと思っています。今回のBonnie Raittは前作以上に好きと言ってもいいかもしれません。こういう音はまさにアナログ向きかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/63269713

この記事へのトラックバック一覧です: Bonnie Raittの新譜がすこぶるよい。:

« 祝再発!Niels Lan DokyとBob Bergの共演ライブ。しかも1,080円って...。 | トップページ | Stan Getzの未発表音源。抜群の安定感というか,はずさないねぇ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)