最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 今年1枚目のディスクはPat Metheny全面参加のLogan Richardson | トップページ | 今更ながらだが,評価される理由がわかったAlabama Shakes »

2016年1月 4日 (月)

Lalah Hathawayのライブが心地よい

Lalahhathawaylivecover"Live" Lalah Hathaway(Agate)

昨年暮れに来日して,Blue Note東京でクリスマス・ライブを行ったLalah Hathawayの新作である。父のDNAは偉大というか,Donny Hathawayの血を引き継いだ歌のうまさは昔からわかっていることだが,今回,父のヒット曲である"Little Ghetto Boy"で幕を開けると知り,慌てて購入してしまった私である。

もともと,本作はPledge Musicで資金集めをして,レコーディングを行ったものであるが,定常的にPledge Musicを使っていながら,これを見逃していたのは失敗だったなぁとまず反省したが,その冒頭に収められた"Little Ghetto Boy"を聞いて,父を想起させるに十分な歌いっぷりでまずはつかみはOKと思わせたところで,更に反省させられた私であった。

そして,全編を通じて,父,Donny Hathawayのライブ盤の持つテイストと同質のものを感じさせるナイスなグルーブは満足感が高い。私はこれまでもJoe Sampleとの共演盤も聞いているが,それよりもこっちの方がいいなぁと思わせるのはバックのグルーブの違いではないか。ただ,Joe Sampleとのアルバムも久しく聞いていない(それにしても,最近このフレーズが多いなぁ...)から,そちらも改めて聞いてみないといかんと思わせるには十分なアルバムである。

このアルバムを聞いて,Lalah Hathawayの魅力はこの人の声だろうなぁとつくづく思ってしまった。どちらかと言えば,ディープ・ヴォイスと言ってよいが,この声がグルーブ感たっぷりのバックに乗って歌うと,私のような中途半端なソウル音楽のリスナーでもまいってしまうのである。この音楽を聞いて,嫌いだと言う人はそうはいるまい。

"Little Ghetto Boy"がフェード・アウトしてしまうのには,「なんでやねん?」とツッコミを入れたくなるが,それでもこのアルバムにおける彼女の歌唱の心地よさの前では許すと言っておこう。今年最初のおすすめ作はこれにしよう。ってことで,星★★★★☆。こういうのを聞くと,ライブに行かなかったことを後悔してしまうなぁ。と言っても,日程的に絶対行けなかったけど(爆)。

Recorded Live at the Troubador and Firehouse Recording Studio

Personnel: Lalah Hathway(vo), Bobby Sparks II(key), Michael Aaberg(key), Lynette Williams(key), Erroll Cooney(g), James "J.Mo" Mozee(g), Eric "Pikfunk" Smith(b), Brian Collier(ds), Eric Seats(ds), Stacey Lamont Sydnor(perc), Jason Morares(vo), Dennis "DC" Clark(vo), Vula Malinga(vo), DJ Spark(DJ), Robert Glasper(key)

« 今年1枚目のディスクはPat Metheny全面参加のLogan Richardson | トップページ | 今更ながらだが,評価される理由がわかったAlabama Shakes »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/62989200

この記事へのトラックバック一覧です: Lalah Hathawayのライブが心地よい:

« 今年1枚目のディスクはPat Metheny全面参加のLogan Richardson | トップページ | 今更ながらだが,評価される理由がわかったAlabama Shakes »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)