2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 忙しい時にはこういう音楽も必要ってことで,「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集」 | トップページ | 新譜も届かないってことで,温故知新で"Cookin'"を聞いていた私。 »

2016年1月25日 (月)

出張中に見た映画(16/01編):その6はPeter Bogdanovichの13年ぶりの監督作品

Shes_funny_that_way「マイ・ファニー・レディ("She's Funny That Way")」('14,独/米,Lionsgate)

監督:Peter Bogdanovich

出演:Owen Wilson, Imogen Poots, Kathryn Hahn, Will Forte, Jennifer Aniston

なんとPeter Bogdanovichが13年ぶりに撮った映画であるが,米国では劇場公開は限定的で,最初からオン・デマンド放送されていたとのことである。今の殺伐とした世の中とは全く関係ないとでも言うような,懐かしの「スクリューボール・コメディ」的な映画である。それがいつもどこか懐かしさを感じさせるPeter Bogdanovichらしいと言えばその通りである。

話としては極めて他愛ない。誰と誰がくっついたり,喧嘩して離れたり,そのまた誰かとくっついたりって感じの映画であるから,飛行機の中で,笑いながら気楽に見るにはこれほど適した映画はない。但し,笑いはゲラゲラではなく,クスクスであるが。

ただ,本当にこの時代にこういう映画を作ってしまうのがある意味凄いことだが,逆にこういう時代だからこそ,こうした軽いコメディってのが貴重なような気がする。星★★★☆。いろんな人がカメオ出演しているのもBogdanovichの人徳か。余談ながら,主役のImogen Pootsは可愛かった。

« 忙しい時にはこういう音楽も必要ってことで,「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集」 | トップページ | 新譜も届かないってことで,温故知新で"Cookin'"を聞いていた私。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 忙しい時にはこういう音楽も必要ってことで,「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集」 | トップページ | 新譜も届かないってことで,温故知新で"Cookin'"を聞いていた私。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作