最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂の休日 in 福岡 | トップページ | 2015年の回顧:映画編 »

2015年12月25日 (金)

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」:賛否両論あるのもわかるが面白いねぇ。

Star_wars「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ("Star Wars: The Force Awakens")」('15, 米,Disney)

監督: J.J. Abrams

出演: Harrison Ford, Mark Hamill, Carrie Fisher, Daisy Ridley, Adam Driver, John Boyega, Oscar Isaac, Lupita Nyong'o, Andy Serkis

今年最後にして,最大の話題作と言ってもよいだろう。私はエピソード1-3はあまり評価できなかったクチだが,エピソード4-6は結構好きである。今回はオリジナル・キャストが再集結しての作品となったが,残る2作に期待を持たせる出来だったと言ってよいと思えた。

もちろん,新しいキャストが追加されることによって,登場人物は増加するから,ストーリーの整理は難しいところだったはずだが,脚本に Lawrence Kasdan,Michael Arndtという一流を迎えることによって,破綻を回避しているのがまず立派。いくつか突っ込みどころがないわけではないが,ほぼ適切な尺にも収まっているし,映画としては十分楽しめるものであったと言ってよいだろう。

一言でこの映画を表すなら,家族及び民族(や性)の多様性を前面に出した,いかにもアメリカ(あるいはディズニー)っぽい作りとも言える。それがこの映画に批判的な人々のロジックとなるだろうが,1本の映画として見れば,私にとっては結構面白い作品だと思えた。いずれにしてもストーリー以上に特撮技術の進歩は凄まじく,空中でのバトル・シーンにはマジで目が回りそうになっていた私である。

役者陣ではOscar IsaacとLupita Nyong'oが重要な役割で出てきて,儲け役って気がするが,次作以降でもかなりの役割を与えられるはずである。

ってことで,賛否両論があることは承知していても,やっぱりこの映画は相応に魅力的なものであった。若干のシナリオの穴には目をつぶって星★★★★としておこう。

« 中年音楽狂の休日 in 福岡 | トップページ | 2015年の回顧:映画編 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/62932402

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」:賛否両論あるのもわかるが面白いねぇ。:

« 中年音楽狂の休日 in 福岡 | トップページ | 2015年の回顧:映画編 »

Amazon検索

2017年おすすめ作