最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Questによる2013年のライブ音源が2種類現る! | トップページ | 出るべくして出たって感じのBen MonderによるECM第1作 »

2015年12月 7日 (月)

ブルージーでソウルフルな兄貴もまたよし。

Bluenote_cafe"Bluenote Cafe" Neil Young & Bluenote Cafe (Reprise)

兄貴ことNeil Youngの活動はSSW/ロックの世界を超越してしまうところがあって,全部が全部いいとは言えない部分もあると思う。だから,私は結構な兄貴のファンだとは言っても,アルバムを全作保有しているわけではない。そんな気まぐれな兄貴の音楽を全て愛してこそ,本当のファンだと言われれば返す言葉はないが,そこまでの余裕は時間的にも金銭的にもないのである(きっぱり)。

本作は,そんな私が無視していた"This Note's for You"期のライブ音源を収めたお馴染みのアーカイブ・パフォーマンス・シリーズの最新作である。知らぬこととは言え,出てきた音を聞いてびっくりである。ブルーズとソウル風味のNeil Youngなのである。だが,これが悪くない出来である。食わず嫌いとはまさにこれのことだと思ってしまった。

ここでの演奏は87年から88年にかけて複数の場所で録音されているが,曲の並びは時系列になっているのが面白い。Disc 1の1曲目が87年11月7日の演奏,Disc 2の最後(11曲目)の"Tonight's the Night"が1988年8月30日となっていて,Crazy HorseのFrank Sanpedroは全曲に参加しているが,87年収録の2曲についてはCrazy HorseのBilly TolbotとRalph Molinaも加わっている。有名曲はそれこそ"On the Way Home"と"Tonight's the Night"ぐらいのものながら,歌いながら,ギターを弾きまくる兄貴のはじけっぷりが心地よい。それを支えるのが分厚いホーン・セクション(tp*2,tb, ts, as, bsの6管)というのが兄貴としては極めて異色な響きながら,兄貴はどうやっても兄貴なのである。そしてこの6管ホーンがなかなか強力に演奏をプッシュしていて,この演奏の成功要因の一つはホーンだと思えてしまうから不思議なものである。まぁ,"On the Way Home"なんてイメージが随分違うが...。

もちろん,これまでのアーカイブ・シリーズの中で,私にとってこれが最高だと言うつもりはないし,兄貴の楽歴においては先に聞くべきアルバムは多々あるが,これはこれで見逃せないアルバムだと思う。確かに異色作ではあるが,やっぱり兄貴の音楽って人を惹きつけるよねぇ。星★★★★。

Recorded Live at Various Venues between November 7, 1987 and August 30, 1988

Personnel: Neil Young(vo, g), Rick Rosas(b), Chad Cromwell(ds), Frank Sampedro(key), Steve Lawrence(ts), Ben Keith(as), Larry Cragg(bs), Claude Cailliet(tb), Tom Bray(tp), John Fumo(tp), Billy Talbot(b), Ralph Molina(ds)

« Questによる2013年のライブ音源が2種類現る! | トップページ | 出るべくして出たって感じのBen MonderによるECM第1作 »

ブルーズ」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/62817338

この記事へのトラックバック一覧です: ブルージーでソウルフルな兄貴もまたよし。:

« Questによる2013年のライブ音源が2種類現る! | トップページ | 出るべくして出たって感じのBen MonderによるECM第1作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)