2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« まだまだ続く中国出張 | トップページ | 出張終了。疑問を感じながら帰国の途につく私である。 »

2015年11月23日 (月)

中年音楽狂,怒り心頭に発す。

Image

本来ならば,北京から上海へ移動するはずだった私なのだが,北京は大雪に見舞われ,空港も大混乱に陥っていた。天気予報も雪だったので,早めの移動を心掛け,予定ボーディング時間の2時間前には空港に着いていた。

だが,ゲートに着いても,待てど暮らせど飛ばない。機材が到着していないならまだわかる。しかし,機材は到着しているのに,我々が搭乗すべき飛行機は動きを示さない。そして何のアナウンスもない。地上係員は「準備中」を繰り返すのみ。まぁ,こういうこともあるよねと思ってはいたのだが,待つこと5時間にして,突然の欠航通知である。後から考えれば最初から欠航にするつもりだったんだろうと言いたくなる。

更に,その後便の変更をしようとしたら,窓口はご覧の通りの大混雑。それも一切の案内も誘導もなしである。一体,どういうオペレーションなんだと怒り心頭に発した私であることは言うまでもない。全くこの国にはホスピタリティの概念が存在しないと改めて思った今回の出張となったが,欠航便の翌日の最速の代替フライトが18:30とか言われては,もう陸路での移動を選択せざるを得ない。

海外出張では色々酷い目に遭っているが,サービスという観点では本当になっていないと思わされたのは久しぶりであった。ふざけている。マジでふざけている。そしてこの国の人間に待ち行列の概念は存在しないことは分かっていたが,もう少し何とかしないと決して一流の国とは見なされないとつくづく思った。

心底頭にきた1日だったが,徒労に終わるという表現は今日の私のためにあったと言っておこう。自然には逆らえないが,人的努力で乗客のストレスは下げられたはずであったにもかかわらず,そうした努力の形跡が見られないから,余計腹が立つのである。あぁ不愉快。責任者,出て来やがれ!

« まだまだ続く中国出張 | トップページ | 出張終了。疑問を感じながら帰国の途につく私である。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。Laieです。12月の今頃、忘年会の時期ですね。。

空港でのハプニング。写真の様子でも、大変でしたね。。お疲れ様です。

ご出張の数が多いだけに、トラブルも付いてしまいますよね。

何年前か前に、自身の出来事でも、コペンハーゲンでありましたねぇ~。。

スタッフにたらい回しにされたあげく、待てど暮らせど、飛行機が既に運航しているのに

も関わらず、誰も知らせてくれず。。最終的には、カウンターで「マネジャーを呼びなさ

い!」(命令形)と怒鳴る結果に。このマネージャーの誠意あえう対応で、どうにか

事態は収まりましたが、怒りは中々納まりませんでしたね。。以前、ジェリーさんが、

1970年は、10分あれば、飛行機に乗る事が出来たと言っていました。

少し早いのですが、年末年始のご挨拶代わりに、別便サウンドメール(謎)で、送らせて

頂きます。


Laieさん,こんにちは。忘年会と地方出張で忙殺されている私です。いずれにしても北京ではひどい目に遭いました。

まぁ,出張先ではSFでのフライトの10時間近いディレイやら,厳しいセキュリティ・プロセスによりシカゴでフライトに乗り継ぎそこなった挙句の,後続便の全便オーバーブッキングで結局翌朝移動やらといろいろな経験がありますが,今回はスタッフの対応が悪過ぎました。だから中国は...って言われるんだと思います。しかし,日本国内の空港では絶対こんなことはないです。もう暫くあの国には行きたくないというのが正直なところです。

頂きましたメールは別途確認させて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/62731794

この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂,怒り心頭に発す。:

« まだまだ続く中国出張 | トップページ | 出張終了。疑問を感じながら帰国の途につく私である。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作