2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(15/09編その3):「イニシエーション・ラブ」って最近こういうのがミステリーでも多いと思わされる。 | トップページ | 期末期初は多忙だ…。 »

2015年10月 2日 (金)

Rachel Sermanni:これは私好みのシンガーだ!

Rachel_sermanni__tied_to_the_moon"Tied to the Moon" Rachel Sermanni(Middle of Nowhere)

私はSSW系の女性シンガーが結構好きで,Joni Mitchellは別格として,昔からLaura NyroやらPhoebe Snow等を好んで聞いてきた。最近ではRachael Yamagataを一番の贔屓にしているが,内省的な部分を感じさせながら,私好みの声で歌われるのが好きなのである。正直言ってしまえば,SSW系は男声のど渋い系の方が好みではあるが,それでも女声でもツボにはまる声というのがあるのである。Rachael Yamagataなんて,その筆頭と言ってもよいぐらいである。Rachael Yamagataの新作は近々リリースされる予定だが,それを待つ間に魅力的なシンガーが現れた。

本作は某誌で紹介されていて,その記事やらジャケやらがそれこそ直感的に気になって,Apple Musicで試聴してみたところ,これは間違いないと思って現物を購入したものである。まさにこの声,この雰囲気,私の好物だと言ってよい。ある意味,久々に「膝を抱えて聞きたくなる」ようなアルバムであるが,スコットランド出身の彼女の声,更にはその楽曲が生み出す雰囲気は,聞く人が聞けば「暗いっ!」と揶揄されそうな気もするわけだが,人がどう思おうが,いいものはいいのである。アコースティックとエレクトリックを取り混ぜたアルバム構成もよい。

日本において,彼女の音楽がどのように評価されるのかはよくわからないわけだが,Rachael Yamagataの音楽が好きなリスナーになら,間違いなく気に入るタイプの音楽と聞いた。少なくとも私にとっては,この声の魅力は抗い難い。

ということで,少しでも日本の皆さんの注目度を上げるために星★★★★☆とするが,こういうのが好きな私はやっぱりネクラ?(笑) でも,いいものはいいのである(きっぱり)。

Personnel: Rachel Sermanni(vo, g), Jennifer Austin(p, org, fiddle, vo), Colin Macleod(g, pedal steel), Louis Linklater Abbott((ds, perc), Gordon Skene(b, cello), Jane Hepburn(fiddle), Nicola Macleod(vo), Fiona Macleod(vo)

« 出張中に見た映画(15/09編その3):「イニシエーション・ラブ」って最近こういうのがミステリーでも多いと思わされる。 | トップページ | 期末期初は多忙だ…。 »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/62337616

この記事へのトラックバック一覧です: Rachel Sermanni:これは私好みのシンガーだ!:

« 出張中に見た映画(15/09編その3):「イニシエーション・ラブ」って最近こういうのがミステリーでも多いと思わされる。 | トップページ | 期末期初は多忙だ…。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)