2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« またも更新が滞る...。 | トップページ | 休日のLP聴き:Mike Breckerがストレートに吹くMike Nock盤 »

2015年9月 5日 (土)

物凄い集中力で演じられるStefano BattagliaによるAlec Wilder集

Image

"In the Morning: Music of Alec Wilder" Stefano Battaglia Trio (ECM)

またも更新が滞ってしまったが,今日は先日リリースされたばかりのECMレーベルの新作から。Stefano BattagliaはいかにもMafred Eicher好みのピアノを弾く人だと思うが,今回はAlec Wilderの曲ばかりを演奏したライブ盤である。

そもそもAlec Wilderの曲で有名なのって"Moon And Sand"ぐらいではないのかと思えてしまうが,それは私の不勉強ゆえってところもあるだろう。だが,一般的なポピュラー音楽の世界で,Alec Wilderの曲集をやってしまうのって結構珍しいのではないか。私が知っているのはVic Juris 盤とDave Liebman盤ぐらいだが,その両方にLiebmanが絡んでいることからして一筋縄ではいかない(笑)。

そんな訳で,Alec Wilderの音楽に詳しくない私がこのアルバムを聴いてどう思うかだが,正直知ってるメロディ・ラインはほとんどないから,Stefano Battagliaのオリジナルと言われれば,そう思ってしまう演奏である。結局はAlec Wilderの曲は素材に過ぎないと言ってしまってもよいように思える。時にフリーなアプローチも交えて,いかにもECM的な響きなのである。

だから,ECMレーベル的なピアノ・サウンドを好きなリスナーにとっては,非常に受ける音だろう。美しさと静寂と叙情がライブの場で体現されているところに,私は驚きさえ感じる。そして,ライブの場でのこの集中力たるや半端ではない。かつライブと思えないほど,リアルなサウンドで捉えられているところも素晴らしく,エンジニアであるStefano Amerioの貢献も大きいと思えた。まぁ,モダン・ジャズ的なスリルとは異なる世界だとしても,やはりこういう音楽の磁力は強烈。本当にこのレーベルには素晴らしいピアニストが揃っていると思う。星★★★★☆。

Recorded Live at Teatro Vittoria, Torino on April 28, 2014

Personnel: Stefano Battaglia(p), Salvatore Maiore(b), Roberto Dani(ds)

« またも更新が滞る...。 | トップページ | 休日のLP聴き:Mike Breckerがストレートに吹くMike Nock盤 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2015年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

聴いていて、なかなかいいなあと思いました。短調でワンコード的に弾いているところあたり、キース・ジャレットを思い出してしまったりもしましたけど。やはりECMから出るべくして出たアルバムという感じですね。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。

おっしゃる通りKeithを想起させるところもありますね。この感覚,ECMならではというところがありますが,やっぱりこの人もいいですねぇ。イタリア人にしてはウェットな感じもECM,と言うよりEicher好みって気がします。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/62221698

この記事へのトラックバック一覧です: 物凄い集中力で演じられるStefano BattagliaによるAlec Wilder集:

» In The Morning - Music Of Alec Wilder/Stefano Battaglia Trio [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き4日目。今日はピアノ・トリオ作品で、ステファノ・バターリア [続きを読む]

« またも更新が滞る...。 | トップページ | 休日のLP聴き:Mike Breckerがストレートに吹くMike Nock盤 »

Amazon検索

2017年おすすめ作