最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 「教団X」とは全く毛色が違う中村文則の警察小説 | トップページ | Seamus Blakeのライブは楽しめたんだが,その一方でやや微妙。 »

2015年8月 5日 (水)

GRP 10th Anniversary Collectionのオマケの8㎝CD:この音源を聞くのは何年振りか?

Grp記事の更新が滞ってしまった。出張,飲み会,出張,法事みたいな生活だったので,移動の道すがらに音楽は聞いていても,家でブログを更新する体力が残っていなかった。

ってことで,今日の記事だが,CDの棚を漁っていて,そう言えば,"GRP 10th Anniversary Collection"の国内盤には,オマケの8cmCDが付いていたなぁなんて思い出して,どんな曲だっけってことで久々のリッピングである。

収録されているのはBrecker Brothersの"Big Idea"の"Longwave Version",そしてPatti AustinがJ-WAVEのために書き下ろしたオリジナル"Together",そして,New York Voicesが車のCM用に書き下ろした"Persona"の3曲である。これって結構貴重な音源なのかなぁなんて改めて思った次第。このアルバムを買ったのがもはや四半世紀近く前のことになり,私は相当このコンピレーションは聞いてきたが,この8cmCDのことはすっかり失念していたのであった。そもそも8cmCDって存在を忘れがちだから仕方がない。Gil Evans Orchestraと共演した"Up from the Skies"が入ったStingの8cmCDや,Bill Evansの"Conseclation"のオマケの8cmCDもどこかにあったはずである。棚あるいはクロゼットを探せば出てくるはずだが,いずれにしても,今回はなんかちょっと得した気分である。まぁ,昨今は私は国内盤を買うことはほとんどないわけだが,こういうのなら歓迎である。

« 「教団X」とは全く毛色が違う中村文則の警察小説 | トップページ | Seamus Blakeのライブは楽しめたんだが,その一方でやや微妙。 »

ジャズ(2015年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/62019752

この記事へのトラックバック一覧です: GRP 10th Anniversary Collectionのオマケの8㎝CD:この音源を聞くのは何年振りか?:

« 「教団X」とは全く毛色が違う中村文則の警察小説 | トップページ | Seamus Blakeのライブは楽しめたんだが,その一方でやや微妙。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作