2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Chris Minh Dokyの旧譜"The Nomad Diaries"はなかなか面白かった。 | トップページ | コレクターはつらいよ(18):Yael NaimのEPに1曲だけ参加し,美しいピアノを聞かせるBrad Mehldau »

2015年7月24日 (金)

久しぶりにTom Costerの"From the Street"を聞いた

From_the_street"From the Street" Tom Coster (JVC)

Tom Costerと言えば,もともとはSantanaであるが,Santana脱退後のハードなフュージョン路線が結構いけていることは当ブログでも取り上げた"The Forbidden Zone"でも実証されていることである。それに続いてリリースされたのが本作のはずだが,ミュージシャンとしては"Forbidden Zone"ほどのものではないとしても,同様にハードなフュージョンを展開するアルバムとして見逃せない。

正直言ってしまうと,私は参加ミュージシャンやインパクトから,"The Forbidden Zone"を本作よりも高く評価してきたのだが,今回,久しぶりに聞いてみると,こっちも決して悪くないし,むしろ筋は本作の方が一本通っているように感じてしまうから勝手なものである。しかし,そう感じるのは,"The Forbidden Zone"が余計なラテン・タッチを一部に入れて,ブレが生じていたのに対し,こちらはハード・フュージョン一直線だからだ。ドラムスが全編Dennis Chambersであるのは前作同様だが,Shiela E.が全編でパーカッションっていうのは意外な人選である。しかし,彼女の親父であるPete EscovedoとTom CosterはSantanaでのバンド・メイトであるから,彼女のことは昔から知っていて,ここにも参加させた(してもらった)って感じかもしれない。

全編に渡って非常にヘビーでタイトな演奏ということもあり,この手の音楽好きには間違いなく受けるはずである。"The Forbidden Zone"同様星★★★★としてよいだろう。そして,本作に1曲だけ参加して,場をかっさらうStuart Hammのファンク・ベースが強烈な"Pharaoh's Jig"で興奮しなければ,この手の音楽との相性が悪いと思いましょう(笑)。

Personnel: Tom Coster(key), Bob Malach(ts), Michael Brecker(ts), Dean Brown(g), Steve Cardenas(g), Tim Landers(b), Stu Hamm(b), Dennis Chambers(ds), Shiela E.(perc), Mark Isham(tp), De Shaun(vo)

« Chris Minh Dokyの旧譜"The Nomad Diaries"はなかなか面白かった。 | トップページ | コレクターはつらいよ(18):Yael NaimのEPに1曲だけ参加し,美しいピアノを聞かせるBrad Mehldau »

ジャズ(2015年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61915150

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにTom Costerの"From the Street"を聞いた:

« Chris Minh Dokyの旧譜"The Nomad Diaries"はなかなか面白かった。 | トップページ | コレクターはつらいよ(18):Yael NaimのEPに1曲だけ参加し,美しいピアノを聞かせるBrad Mehldau »

Amazon検索

2017年おすすめ作