2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 全くノーマークだったのだが,このメンツでは見逃せないLevin Torn White | トップページ | よくぞしのいだって感じだったなでしこのセミ・ファイナル。こうなりゃもう1勝! »

2015年7月 2日 (木)

ようやくアップできるEnrico Pieranunzi~Federico Casagrandeのデュオ

Double_circle"Double Circle" Enrico Pieranunzi / Federico Casagrande (CAM Jazz)

結構前にデリバリーされていたのだが,通常のオーディオでは問題ないのに,iTunesではどうしても音が割れる感覚がして,気持ち悪いと思っており,アップが遅れてしまったものである。原因は何のことはない。イコライザーである。PCでは常時イコライザーをオンにしていたのだが,そちらもおかしければ,iPod側で再生しても割れるので,これはリッピングした音そのものに問題があるのかとも思えて,何度もインポートにトライしても結果は同じだった。しかし,試しにPCでイコライザーをオフにしたら,問題解消。iPod側も確認したら,なぜかイコライザーがJazzになっている。これがどうも音割れの原因だったようである。ということで,音も安定したので,改めての記事のアップである。逆に言えば,いかに最近の私の音楽鑑賞環境がPC側に寄ってしまっているかの証左であるが,まぁ家の間取りを考えても,オーディオ・セットはリビング・ルームに配置されているので,家族の手前,それも仕方ないのである。

それはさておき,ピアノとギターのデュオと言えば,昔ならBill Evans~Jim Hall,近年ではFred Hersch~Julian Lageの作品があった。Enrico Pieranunzi自身にもJim Hallとのデュオがあるが,そちらは私は未聴である。だが,このアルバムを聞いて,冒頭の"Anne Blomster Sang"からして,このアルバムの成功は固いと思わせるものがあった。"Sector 1","Sector 2"と題された2曲は二人の即興的なアプローチが強く,やや印象が違うが,それ以外の曲には,私がEnrico Pieranunziがギターとデュオをやったらこうなるだろう(あるいはこうなって欲しい)って感じの印象が満ち満ちており,これはいいねぇと思わせる。

このアルバムの成功要因は,Enrico Pieranunziのピアノがいいのはもちろんだが,Federico Casagrandeのギターの音色が大きく貢献しているように思える。アタックは弱めで,非常にソフトな音色がEnrico Pieranunziのピアノと非常に相性がいいのである。これが最近何かと話題のエンジニア,Stefano Amerioの技によるものかどうかははっきりしないが,このバランスが心地よい。全編を通して聞いても,あっという間に時間が過ぎていく,そんなアルバムである。星★★★★☆。どういうタイミングがフィットするのか微妙であるが,鬱陶しい梅雨空の午後でも,ナイト・キャップの友としても機能することは間違いないな(笑)。

上述のイコライザーの話に戻れば,このアルバムは,真っ当な音で楽しむべきアルバムであり,極論すればサウンド(再生環境)の乱れを許容しない。それほど純度が高い音楽だということの証のように思う。

Recorded on November 12, 13 & 14, 2014

Personnel: Enrico Pieranunzi(p),Federico Casagrande(g)

« 全くノーマークだったのだが,このメンツでは見逃せないLevin Torn White | トップページ | よくぞしのいだって感じだったなでしこのセミ・ファイナル。こうなりゃもう1勝! »

ジャズ(2015年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

この若いギタリストには、そこはかとなく才能を感じます。既に独自の音世界を作り上げていると思いますね。Enricoのピアノも若い才能に触発されてか、いきいきと響いていると思います。

カビゴンさん,こんばんは。

おっしゃる通り,このギタリストはなかなかのものですよね。サウンドはおとなしめなので,相互触発って言うと大袈裟な感じはしつつも,ちゃんとお互いのサウンドを通じてシナジーをきかしている感じがします。なかなかいいアルバムでした。

 私はかってEnrico Pieranunzi のソロやピアノ・トリオの抒情性に酔ってきたんですが・・・・・、近年益々盛んというか、挑戦が続いていて感心しています。このアルバムもそんな中での挑戦の一枚なんでしょうね。
 中年音楽狂さんの星4つというのが気になりますが(笑い)、私も星を付ければ4つかも知れません。多分残りの1つは何なのか?と言うところですが・・・・私自身はピアノ+ギターの組み合わせの難しさにあると言ったところでしょうか。

閣下、トラバありがとうございます。
私、きっと、明日もトラバしにくるわ。笑

ピエラヌンツィもカサグレンでもすごいですよね。
テクニックはもちろんなのですが、詩情豊かな表現力がすごいですね。やっぱ、世界水準は楽器うまいだけじゃダメですね。
そして、音の良いレーベルは秀作が多いとおもいます。

風呂井戸さん,こんばんは。TBありがとうございます。

私もEnrico Pieranunziの結構なファンだとは思っていますが,さすがに多作の彼のすべての作品を購入するわけではありません。そうした中で,本作は直感的によさそうだと思えるものであり,期待は裏切られませんでした。

私は本作を4.5星としていますので,右側のおすすめ作品にも選出されておりますが,私はこの音の純度を評価したってところでしょう。

Suzuckさん,こんばんは。TBありがとうございます。

おっしゃる通りで,詩情豊かな表現力を堪能できる作品ですよね。Enrico Pieranunziの多作ぶりにはまいりますが,それでも買った作品で裏切られたことがほとんどない(もちろん,いまいちの作品もありますが)というのは凄いことですよね。

音楽狂さん、こんにちはmonakaです。
TBありがとうございました。

このアルバム大変味わい深いアルバムですね。
聞くほどに二人が作った意味が見えてくる感じです。

monakaさん、こんばんは。TBありがとうございます。返事が遅くなり申し訳ありません。

Enrico Pieranunziへの期待値が高いのは当然として、このアルバムの魅力を増幅させたのはFederico Casagrandeのギターの音だったと思います。味わいを感じさせる音とはこういうものかなと思います。私には絶対出せないなって感じです(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61807422

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくアップできるEnrico Pieranunzi~Federico Casagrandeのデュオ:

» エンリコ・ピエラヌンツィEnrico Pieranunziの新盤 「DOUBLE CIRCLE」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
ギターとピアノの落ち着いた中にも美と実験的センスを持ったデュオ  イタリアの我が [続きを読む]

» Double Circle / Enrico Pieranunzi - Federico Casagrande [My Secret Room]
鬱陶しい梅雨空?って思いますか? 土砂降りは嫌だけど、雨が落ちてくる空の雰囲気は [続きを読む]

» 三度は許して Double Circle / Enrico Pieranunzi - Federico Casagrande [JAZZ最中]
最近アルバムは買うのだけれど、記事にするのが億劫に感じることが多い。お休みの日など、パソコンに向かいながら新しいCDなど聞きながら結構書いていたけれど、でっかい画面のTVを設置したのでそれで映画をみたり、休みの日は必ずお稽古時間をとるので、活動内容が...... [続きを読む]

« 全くノーマークだったのだが,このメンツでは見逃せないLevin Torn White | トップページ | よくぞしのいだって感じだったなでしこのセミ・ファイナル。こうなりゃもう1勝! »

Amazon検索

2017年おすすめ作