最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久しぶりにTom Costerの"From the Street"を聞いた | トップページ | Apple Musicで"Sound-System"を聞いた »

2015年7月25日 (土)

コレクターはつらいよ(18):Yael NaimのEPに1曲だけ参加し,美しいピアノを聞かせるBrad Mehldau

_20150725"Coward EP" Yael Naim(Tot Ou Tard)

久々のこのネタである。Brad Mehldauのディスコグラフィ管理者であるJens Linge氏のサイトでこれが掲載されていて,いろいろネットを探していたのだが,YouTubeや海外のiTunesでは聴取や購入は可能でも,どうも現物はレコード・ストア・デイ向けの12インチのアナログだけのようである。そちらは国内某サイトからデリバリーされるはずだが,アナログだけでは何かと面倒な再生環境の私は,CD媒体はないものかと思って探していたら,あった,あった(笑)。eBayでめでたく,当該EPのプロモ盤を発見である。

Yeal Naimはイスラエル/フランスの混血歌手のようだが,このアルバムは彼女の"Coward"という曲を4バージョン収録しており,Brad Mehldauはその3曲目でクラシカルな響きのピアノで伴奏をつけている。念のため言っておけば,ジャズ的な要素は全く希薄である。ついでに言っておくと,4曲目で伴奏しているのはあのMetropol Orkestである。そういう意味では,EPとしてはかなりお金をかけて作っていると言ってもよいが,私としてはデジタルでは大した苦労なく入手可能であっても,こんなピアノを聞かされてはコレクターとしては現物を手に入れないわけにはいかないのである。この"Coward"という曲は,彼女の新作アルバムにも収録されることになっているが,そちらはこのEPの1曲目のバージョンであって,Brad Mehldau参加バージョンではない以上,私としてはこれを手に入れるしかないのであった。

どういう経緯でBrad Mehldauがこうした演奏に参加したかは謎だが,こういうのは結構困るとは言え,演奏には満足である。何をやってもいいピアニストだということはわかりきった話だが,これは相当いいと思った。でもこんなことまでして入手しなければならないコレクターは本当につらいのである(苦笑)。じゃあ,やめればいいじゃん?おっしゃる通り(爆)。

Personnel: Yael Naim(vo), Brad Mehldau(p)

« 久しぶりにTom Costerの"From the Street"を聞いた | トップページ | Apple Musicで"Sound-System"を聞いた »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2015年の記事)」カテゴリの記事

ポップス」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61952208

この記事へのトラックバック一覧です: コレクターはつらいよ(18):Yael NaimのEPに1曲だけ参加し,美しいピアノを聞かせるBrad Mehldau:

« 久しぶりにTom Costerの"From the Street"を聞いた | トップページ | Apple Musicで"Sound-System"を聞いた »

Amazon検索

2017年おすすめ作