2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 結構長いこと探していて,ようやくゲットしたArthur BlytheのIndia Navigation盤 | トップページ | China Crisis,21年ぶり(!)の新作がデリバリーされた。 »

2015年6月16日 (火)

見るに堪えなかったシンガポール戦

日本代表の体たらくが如実に表れた試合である。相手がディフェンスを固めてくるのはわかっているわけで,そこに中央突破を仕掛けても,相手の足に当たってしまうのは当然の道理である。先日のイラクとのテスト・マッチではある程度機能していたオフェンスが全く駄目だったのは,スピードを上げる瞬間が欠如していたからで,ああした状況を打開するには,ミドル・シュートでも放って,こぼれ球に反応するという手もあったはずなのに,全くそういう攻め方もしない。まだポゼッション・サッカーにこだわっているのかと言いたくなったのは私だけではないはずだ。単に持たされているだけのようになってしまっていたのが何とも情けない。それが相手が強国ならまだしも,シンガポールにあれでは,先が思いやられる。

今回の日本代表のような戦い方は,まさにイマジネーションの不足としか言いようがない。惜しいシーンはいくつかあったとしても,こういう攻め方をしなきゃねと思わせたのは,長谷部がドリブルで突進したシーンぐらいである。埼玉スタジアムに詰めかけた観衆からブーイングを喰らっても当然である。

まぁ,負けなかったからまだいいとしても,8月の東アジア杯で,もう少しまともな姿を見せないと,9月以降のW杯予選が心配になってきてしまうこと必定の私である。

« 結構長いこと探していて,ようやくゲットしたArthur BlytheのIndia Navigation盤 | トップページ | China Crisis,21年ぶり(!)の新作がデリバリーされた。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61752683

この記事へのトラックバック一覧です: 見るに堪えなかったシンガポール戦:

« 結構長いこと探していて,ようやくゲットしたArthur BlytheのIndia Navigation盤 | トップページ | China Crisis,21年ぶり(!)の新作がデリバリーされた。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作