2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 小坂忠の「ほうろう」:私としては異色の選盤かもなぁ。 | トップページ | 菊地雅章:もう一枚あったGlass Houseレーベルのアルバム »

2015年6月 9日 (火)

出張先でのJ.D. Souther@ビルボード大阪

Image

大阪及びその他の地域に連続して出張しなければならないことが予めわかっていて,せっかく新作を出したばかりのJDのライブは観られないと思っていた。しかし,JDは大阪でもライブをやることがわかって,どうしても行きたくなってしまった私である。

ってことで,出遅れ感たっぷりながら慌てて席を確保し,出掛けてきた私である。結論からすれば,新作でも瑞々しい声を聞かせたJDはライブでも同じだったと言ってよいだろう。今年70歳になるとは思えぬ声であった。確かに,ギターの腕はイマイチだし,歌も結構危ないところもあった。だが,全編を通じて甘酸っぱい感覚を覚えさせられた私である。そのピークはアンコールで演じられた"Best of My Love(わが愛の至上)"であった。あの声でこの曲でまいらない人間はいるまい。女子をとろけさせるような歌を聞いて,絶対無理と承知で,JD同様に自分でも歌いたいと思ってしまった私である(爆)。さっさと譜面を探そうっと(笑)。

聴衆は当然のことながらおっさん,おばはんばかりだったが,私を含めたそうした聴衆に青春期を思い出させるに十分なライブであった。尚,現在テネシー州ナッシュビル在住のJDが,ナッシュビル,テネシー唯一の阪神ファンとか言って笑いを誘っていたが,皮肉屋な私は東京では別のこと言うんとちゃうんかいなんて思っていた。だが,「わが愛の至上」の前には,そんなんどうでもええわ(笑)。最高とは思わなかったが,非常に感じのよいライブで,気持ちよくホテルに帰った私である。

尚,写真はWebから拾ったものだが,まさにこんな感じであった。それにしてもビルボード大阪は東京よりも規模が小さくて,JDのような人を観るには東京よりもいい箱だと思った。

« 小坂忠の「ほうろう」:私としては異色の選盤かもなぁ。 | トップページ | 菊地雅章:もう一枚あったGlass Houseレーベルのアルバム »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61715682

この記事へのトラックバック一覧です: 出張先でのJ.D. Souther@ビルボード大阪:

« 小坂忠の「ほうろう」:私としては異色の選盤かもなぁ。 | トップページ | 菊地雅章:もう一枚あったGlass Houseレーベルのアルバム »

Amazon検索

2017年おすすめ作