2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« China Crisis,21年ぶり(!)の新作がデリバリーされた。 | トップページ | 今年も私を燃えさせたSimon Phillips Protocol »

2015年6月19日 (金)

聴くに値しないGenesisのライブ盤。これを買うぐらいならほかに聞くものがある。

Genesis_the_longs"Live : The Way We Walk Vol.2 The Longs" Genesis (Virgin)

先日250円(!)で入手した中古盤である。Genesis後期の作品は,それこそインダストリアル・ロックか?と言いたくなるようなアルバム(特にライブ)が多いが,これもアルバム化しなくてもいいだろうって感じの音源と言ってしまえばその通りである。

私は今も昔も彼らのライブの最高作は"Seconds Out"であると信じて疑わないが,それとの落差は極めて大きい。何が問題かと言えば,プログレとしての魂に欠けるとでも言うべきか。これは結局Steve Hackettがいるかどうかっていうことにもなるのだが,非常に優れた演奏レベルを聞かされても,この軽さは私には受け入れがたい部分があるのだ。

本作は"The Longs"ということで,長尺の演奏を収めているから多少期待がないわけではなかったのだが,それは明らかに失敗だったと感じるまでに時間が掛からな過ぎだろう(爆)。正直言ってしまえばこれをGenesisかと聞かれれば,「否」と言いたくなるような作品である。まぁ,250円だから文句はないわけだが,これを聞いてGenesisだと思われたら往年のファンは泣くわ!って程度の作品。演奏レベルに免じて星★とするが,本音は無星でもいいぐらいである。なんで,こんなに駄目なのかということで,この後,"Seconds Out"を続けて聞いてみたのだが,Phil Collinsのヴォーカルが,いかにこのアルバムで下品に聞こえるかということによるものだろうという結論に到達した私である。

ということで,心あるGenesisファンは聞かなくてもよいと断言したくなるアルバムである。そもそもパーソネルも何も書いていないことも全く気にいらない。書かなくたっていつものメンツだと言われればその通りだが,ブックレットはちゃんと作れよと言いたくなるのは私だけではあるまい。250円でなければ許し難いと思わされる駄作。

« China Crisis,21年ぶり(!)の新作がデリバリーされた。 | トップページ | 今年も私を燃えさせたSimon Phillips Protocol »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61761304

この記事へのトラックバック一覧です: 聴くに値しないGenesisのライブ盤。これを買うぐらいならほかに聞くものがある。:

« China Crisis,21年ぶり(!)の新作がデリバリーされた。 | トップページ | 今年も私を燃えさせたSimon Phillips Protocol »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)