2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 追悼,Louis Johnson | トップページ | 久しぶりに見た映画はずっと見たかった「セッション」。このタイトルだけは何とかならんものか? »

2015年5月24日 (日)

今井美樹の新作は心地よいメロウ・グルーブで通して欲しかったところ。

Photo"Colour" 今井美樹(Virgin)

オリジナルとしては6年ぶりだそうである。私は今井美樹は結構好きだと思っているが,全部買おうなんてタイプではない。前作のYuming集は買ったし,7人のピアニストとの共演盤も買った。どっちもよかったが,それ以外で持っているのは"Ivory II"だけである。だから,今回も別に買わなくてもいいのだが,Yuming集"Dialogue"におけるメロウ・グルーブ的なノリが気持ちよかったので,ついつい今回も買ってしまった(笑)。

なので,本作でも冒頭から聞こえてくるそうしたメロウ・グルーブは非常に心地よい。私としてはこういう路線で通してもらえば更にいいのだが,中盤には何だか映画のエンディング・テーマのように聞こえる「ひまわり」や「窓辺」のような曲が聞こえてくると,やっぱりこういうのも入れないといかんのかなぁと思ってしまう。だが,私みたいな邪な聞き方をする人間にとっては,グルーブが感じられなくて,なんだかなぁとなってしまう。もちろん,曲や歌が悪いわけではないのだが,いかにもって感じのプロダクションが気になってしまうのである。

全体としては悪くないとしても,これはもう好みの問題である。非常にゴージャスなつくりがされていて,音楽的なクォリティは高いので,これは売れて然るべきアルバムであるが,私としては中途半端な感覚が残った。オマケのDVDはロンドンでのライブであるが,ピアノとストリングスだけをバックにしっとり歌い上げていて,そっちはそっちでコンセプトがはっきりしているから納得もいくが,CDの方はそうした一貫性がないから気に入らない部分があるんだろうと思っている私である。DVD含めて星★★★☆とするが,これはやっぱりプロダクションの問題だと思う。結局私が好きなのは"Dialogue"や"I Love a Piano"のようなコンセプト・アルバムだったってことである。

パーソネルは省略。クマ原田が何曲かで演奏しているのが私にとっては意外であったが,今井美樹のツアーとかに参加してたのねぇ。へぇ~(笑)。

« 追悼,Louis Johnson | トップページ | 久しぶりに見た映画はずっと見たかった「セッション」。このタイトルだけは何とかならんものか? »

ポップス」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61614574

この記事へのトラックバック一覧です: 今井美樹の新作は心地よいメロウ・グルーブで通して欲しかったところ。:

« 追悼,Louis Johnson | トップページ | 久しぶりに見た映画はずっと見たかった「セッション」。このタイトルだけは何とかならんものか? »

Amazon検索

2017年おすすめ作