2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Giovanni Guidiの甘美なピアノの響き。 | トップページ | 追悼,B.B. King »

2015年5月15日 (金)

スルーしていた私がアホだったと思えるJoni Mitchellの素晴らしきコンピレーション

Love_has_many_faces"Love Has Many Faces: A Quartet, A Ballet, Waiting to Be Danced" Joni Mitchell (Rhino)

先日もJoni Mitchellが参加したSealのアルバムを取り上げたばかりだが,現在,入院中で状態が心配される彼女のコンピレーション・アルバムである。去る5/8にはSFJazzから功労賞を受賞することになっていながら,主役の不在という結果になってしまったのは残念だが,そうした不安や無念も,このアルバムを聞けば雲散霧消するようなものである。それほど素晴らしいのだ。

実を言えば,私は本作を新たなベスト盤のように思っていて,音はリマスターされていても,つい先日まで購入をためらっていたのだが,それがいかに馬鹿げた判断だったかを思い知らされてしまった。この4枚組,必ずしもヒット曲や有名曲が収められているわけではない。キャリア全体を俯瞰するかたちにはなっていても,"Night Ride Home"からの選曲が目立つなど,意外な部分も見られるのである。元々はバレエでの上演を意図して,1枚のコンピレーションを作り上げるのが命題だったものが,大きく方向性が変わった結果として生まれた作品集だが,まさに一篇のストーリーを見せられるようなかたちになっている。

そこで気づかされるのが,彼女のキャリアを通じて実証された曲のクォリティの高さだろう。私としては久しぶりに聞く曲も収められているのだが,それのどれもが全然古びたものとならず,私に新鮮な驚きを与えてくれたのである。誇張なしでこれには心底驚いた私である。これこそ彼女の楽曲により織り上げられた音楽的タペストリーだと言ってもよい(Carole Kingかっ!)。

いずれにしても,本作の前では多言は無用である。ただ聞けばよい。どこから聞いても彼女の才能がほとばしっている。やはり凄いミュージシャンである。ということで,星★★★★★以外にはない。そして,Joniが寄稿したライナーが面白過ぎる。これだけでも買う価値があったと言っては大げさだが,彼女のファンを自認する私にも,彼女の音楽を改めて見直す機会を本作は与えてくれたと思う。ありがたや,ありがたや。

尚,本作は昨年11月にリリースされたもので,本年の新作とするには若干抵抗があるが,この素晴らしさを皆さんにも知ってもらいたいと思うので,敢えて今年の推薦作扱いとしてしまおう。まじで最高である。

« Giovanni Guidiの甘美なピアノの響き。 | トップページ | 追悼,B.B. King »

Joni Mitchell」カテゴリの記事

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ジャズ(2015年の記事)」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61580922

この記事へのトラックバック一覧です: スルーしていた私がアホだったと思えるJoni Mitchellの素晴らしきコンピレーション:

« Giovanni Guidiの甘美なピアノの響き。 | トップページ | 追悼,B.B. King »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)