2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂の入院日記:その3 | トップページ | 中年音楽狂の入院日記:その5 こんな音楽を聞いていた。 »

2015年5月 2日 (土)

中年音楽狂の入院日記:その4

Image_2 私の入院期間も予定通りならば折り返し点である。時間の過ぎるのが早いのか遅いのかは全くよくわからないが,痛みは残るものの,快復過程に入っているのは間違いないところである。そうは言っても暇を持て余していることも事実であり,こんな時には日頃できないことをやろうってことで,今日はオペラの全曲聞きである。

既に書いたとおり,今回私が選んだのが「トリスタンとイゾルデ」であるが,それもスロー・テンポで知られるBernstein盤である。ただでさえ長大なワーグナーのオペラだが,この盤では全曲聞き通すのに266分も掛かるのだ。私が本作を購入してから四半世紀近く経過しているが,これまで一気に聞き通したことがないのもある意味当然である。それができてしまうってのもある意味怪我の功名である。

入院中にこんな濃厚な音楽を聞いて,身体にいいんかい?と聞かれれば返す言葉がないが,それでも改めてこの演奏に通しで触れることができたのはいい経験であった。そもそも本作は幕毎に別の日に録音されていて,そうでもないと演っている方も体力が持たんだろうと思わせるような濃密さである。逆に言えば,聞いてる方にもそれなりの覚悟が必要だってことであるが,私は夢と現の狭間で聞いていたような感じなので,いい加減なものだが(苦笑)。

ってことで次は何に取り組もうなんて考えている私である。

« 中年音楽狂の入院日記:その3 | トップページ | 中年音楽狂の入院日記:その5 こんな音楽を聞いていた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61522029

この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂の入院日記:その4:

« 中年音楽狂の入院日記:その3 | トップページ | 中年音楽狂の入院日記:その5 こんな音楽を聞いていた。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作