最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Cassandra Wilson:どこまでディープになるのか? | トップページ | Antonio Sanchez@Cotton Club参戦記 »

2015年4月16日 (木)

「風に立つライオン」:家人と見に行った映画。

Photo「風に立つライオン」('15,東宝)

監督:三池崇史

出演:大沢たかお,石原さとみ,真木よう子,石橋蓮司

珍しくも家人自らが見たいというので,週末に見に行った映画である。監督:三池崇史,主演:大沢たかおというコンビには「藁の楯」という愚作があった(記事はこちら)ので,私としてはあの二の舞は嫌だと思っていたから,自分一人なら絶対行っていない。しかし,家人から言われて付き合ったのだが,「藁の楯」よりはましだった(笑)。

このストーリーは,実在の人物にインスパイアされて作られたフィクションだそうである。まぁ,ストーリーがストーリーだから,感動巨編的なつくりにしようというのが感じられるのが,天邪鬼な私のような人間にとってはどうもいかんし,ストーリーもほぼ展開が読めてしまうのはどうかなと思う。もともとがさだまさしを好きになれないんだから仕方ないか(苦笑)。

そして,この映画を見ていて,痛切に感じてしまったのが,この映画のシナリオって,まるで「イミテーション・ゲーム」のような構造ではないかということである。現在,過去,更にその過去の多重構造というのは「イミテーション・ゲーム」と同じような感じがしてしまった。ストーリー展開も淡々としているから,これで139分というのもきつい。まぁ,それでもそれなりに見られる映画にはなっているし,石原さとみが可愛かったので,星★★★。

« Cassandra Wilson:どこまでディープになるのか? | トップページ | Antonio Sanchez@Cotton Club参戦記 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61431083

この記事へのトラックバック一覧です: 「風に立つライオン」:家人と見に行った映画。:

« Cassandra Wilson:どこまでディープになるのか? | トップページ | Antonio Sanchez@Cotton Club参戦記 »

Amazon検索

2017年おすすめ作