2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« ゆったりと時の流れるようなTore Brunborgの音楽 | トップページ | iTunesの移行で苦しむ中年音楽狂 »

2015年4月 4日 (土)

またも中古盤の話:全然知らなかったJeff Beckトリビュートだが,これが結構面白い。

Theloneratributetojeffbeck"The Loner: A Tribute to Jeff Beck" Various Artists (ESC Records)

世の中にはJeff Beckへのトリビュート盤っていうのは今までもあった。"Jeffology"然り,"Freeway Jam: To Beck And Back"然りである。それらも保有している私だが,このアルバムについては全く知らなかったもの。先日の病院帰りの中古ショップへの寄り道でゲットしたものだが,Tribal Tech音源が入っていることもあって,ゲットしてきたものである。そして,このアルバムがプレイヤーのJeff Beck愛が感じられて,非常に面白い。と言うか,必ずしもJeff Beckの曲をやっているわけではないのに,Jeff Beckのタッチや,「どこかで聞いたようなフレーズ」が次々に飛び出す演奏が多いのである。これを「愛」と言わずして何と言う(笑)。

参加しているミュージシャンは有名どころばかりとは言えない。だが,各々のミュージシャンは,Jeff Beckのレパートリーと自作曲の中で,Jeff Beckからの影響と「感謝」を表しているように思えてならない。それぐらいどの曲もJeff Beck的なのである。Niacinによる"Blue Wind"だけがギターが入っていないことにより,演奏そのものはオリジナルをなぞったものに近いにもかかわらず、その影響度が薄く感じられるという部分もある(とは言いつつ,途中のシンセ・ソロなんて,Jeff Beckのギターを真似た感じでやっている)のだが,ギターの入っている曲はBeckの曲ではなくても濃厚にBeck的なのだ。だからこそこのアルバムは面白いのである。

一番笑えるのはSteve Lukather,そして実際のアルバムでもドラムスを叩いたSimon Phillipsも参加したDerek Sherinianをリーダーとする"Star Cycle"の,もろBeckバージョンの完全コピーみたいな演奏だろう。これって"There & Back"での"Star Cycle"そのものやんけ!と言われればその通りの,確信犯的演奏である。Lukatherもそこまでやる?って感じだが,いずれにしても,ここに参加しているギタリストは,どちらかと言えば,テクニカル系のバカテク・ギタリストが多い中で,Steve LukatherもBeck影響下にあったのかぁというのがわかったのも面白かった(あるいは合わせただけかもしれないが...)。星★★★★。

Personelはまた後ほどってことで。

« ゆったりと時の流れるようなTore Brunborgの音楽 | トップページ | iTunesの移行で苦しむ中年音楽狂 »

ジャズ(2015年の記事)」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61356562

この記事へのトラックバック一覧です: またも中古盤の話:全然知らなかったJeff Beckトリビュートだが,これが結構面白い。:

« ゆったりと時の流れるようなTore Brunborgの音楽 | トップページ | iTunesの移行で苦しむ中年音楽狂 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)