最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ようやく帰京。 | トップページ | 疲れを癒すには丁度よいリュートの調べ »

2015年3月 1日 (日)

「フォックスキャッチャー」:これが実話とは恐ろしい。

Image「フォックスキャッチャー("Foxcatcher")」('14,米,Sony)

監督:Bennett Miller

出演:Steve Carell, Channing Tatum, Mark Ruffalo, Sienna Miller, Vanessa Redgrave

これは救いのない映画である。とにかくトーンも話も暗いので,正直いたたまれない気分になると言っても過言ではない。しかもこれが実話と言うのだから恐ろしい。この暗さがオスカーでも無視された要因と言っては言い過ぎか。

とにもかくにも,この映画はSteve Carellの怪演によって成り立っていると言ってもよいが,それぐらい存在感の強い演技である。彼が演じたJohn Dupontは,金があるのに屈折しまくっているわけだが,Steve Carellの訳のわからない視線のようなものに,そうした人間の屈折を感じた私である。コンプレックス,スノビズムが,人間の心を病ませるということを強く感じさせる恐い映画である。

だが,こういうお話だけに救いもないし,後味もよくない。人間ドラマとして優れていることは否定しないが,この救いのなさは見ている方にとっても厳しいものであった。そういう映画なので,これはおそらく多くの人が目にすることなく公開を終えそうな気がするが,映画としての質は高いことは間違いないので,劇場指向の方はお早めにって感じだろう。星★★★★。あ〜,疲れた。

« ようやく帰京。 | トップページ | 疲れを癒すには丁度よいリュートの調べ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/61162965

この記事へのトラックバック一覧です: 「フォックスキャッチャー」:これが実話とは恐ろしい。:

« ようやく帰京。 | トップページ | 疲れを癒すには丁度よいリュートの調べ »

Amazon検索

2017年おすすめ作