2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 1週間ぶりの音楽記事はなぜかBoston(笑)。 | トップページ | Chris Potter Underground Orchestra:新年早々強力な注目作の登場! »

2015年1月13日 (火)

ECMの新譜のデリバリー前にCecilio & Kaponoってなんでやねん?(笑)

Night_music "Night Music" Cecilio & Kapono(Columbia)

今年に入って,まだCDは購入していないし,デリバリーもされていないが,間もなくECMレーベルの注目作が届くはずである。それは改めてレビューすることにしたいが,その前に聞いているのがCecilio & Kaponoである。昨日のBostonといい,今日のCecilio & Kaponoといい,私の気まぐれもとんでもない状態である。これを正月ボケ,あるいは中国ボケと言うのであろうか(苦笑)。

それはさておきである。Cecilio & KaponoはKalapanaと並んで,ハワイのサーフ・ロック(?)が一時期流行って,その代表格と言われる人たちであるが,このアルバムを聞いていると,完全にAORである。まぁ,本作はLA録音なので,ウエスト・コースト的なテイストが強調されるのもの当然と言えば当然なのだが,ハワイ的な感覚は希薄のように思える。コーラスなんて,CSN&Y的なところもあるのだが,ことさらハワイということにこだわらずに,良質なAORとして聞けば別に大きな不満もない。

しかし,このむさいオッサン2人が向かい合うジャケはなんやねんと思いつつ,このむさい見た目とは全く違う音が出てくるって感じで,随分と懐かしい思いで聞いてしまった私である。寒い冬空のもとには全然合致していないが,まぁそれはそれで私の気まぐれってことで。Alan Pasquaがセッション・ミュージシャンとしてのお仕事として,きっちりバックを支え,Nick DeCaroのストリングス・アレンジが美しいことも評価して,ちょっと甘めの星★★★★。

Personnel: Cecilio(vo, g, hca), Kapono(vo, g), Randy Lorenzo(vo, b), Artie Alinikof(ds), Alan Pasqua(p, el-p, synth), Tom Scott(sax, fl), Kevin Calhoun(perc)

« 1週間ぶりの音楽記事はなぜかBoston(笑)。 | トップページ | Chris Potter Underground Orchestra:新年早々強力な注目作の登場! »

ポップス」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60961600

この記事へのトラックバック一覧です: ECMの新譜のデリバリー前にCecilio & Kaponoってなんでやねん?(笑):

« 1週間ぶりの音楽記事はなぜかBoston(笑)。 | トップページ | Chris Potter Underground Orchestra:新年早々強力な注目作の登場! »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)