2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Marko Churnchetz:ショップをうろついて出会ったなかなかナイスなアルバム | トップページ | 今頃になって上原ひろみの"Alive"を聞く。 »

2014年12月22日 (月)

"The Art of McCartney":これってトリビュートのあるべき姿なんだろうか?

Art_of_mccartney "The Art of McCartney" Various Artists(Arctic Poppy)

これは豪華なメンツによるPaul McCartneyへのトリビュート・アルバムだと思うのが人情だが,多くの曲が現McCartneyバンドにより,Paul歌唱の際の伴奏と思しきアレンジで歌われるので,豪華な歌手がカラオケでPaulの曲を歌いましたって感じになってしまうところに猛烈な違和感を覚える。

もちろん,それだけ魅力に溢れた曲であるがゆえに,できるだけ忠実に再現することはオプションとして考えられないわけではない。だが,これだけ豪華なメンツであるからこそ,彼らなりの解釈で,Paulの曲を聞かせるというのが筋ではないかと思える。だから,私は聞いていて,なんだかなぁという感じがぬぐえないのである。もちろん,皆,それなりの歌手ばかりなので,ちゃんと歌っているが,全然面白いと思えなかったというのが実感である。まぁ,こういうのを中途半端なアルバムって言うのである。金だけ掛かっても失敗は失敗(きっぱり)。ダメなプロデュースの典型みたいなものである。星★★☆。こんなんで,Paulは喜ぶのか?って思うのはきっと私だけではあるまい。

« Marko Churnchetz:ショップをうろついて出会ったなかなかナイスなアルバム | トップページ | 今頃になって上原ひろみの"Alive"を聞く。 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60839895

この記事へのトラックバック一覧です: "The Art of McCartney":これってトリビュートのあるべき姿なんだろうか?:

« Marko Churnchetz:ショップをうろついて出会ったなかなかナイスなアルバム | トップページ | 今頃になって上原ひろみの"Alive"を聞く。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)