2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ジャズ・ギタリスト,John Scofieldが楽しめるライブ盤 | トップページ | 昨日で仕事納め »

2014年12月26日 (金)

2014年の回顧(その2):映画編

Photo 今年は昨年よりも劇場で見た映画も,飛行機のエンタテインメントで見た映画も随分と減ってしまった。昨年は劇場24本,機中24本だったのに対し,今年は劇場17本,機中7本という大幅減である。まぁ,海外出張そのものが減っているんだから仕方がないが,その分は劇場は前年並みを維持したかったという思いが強い。この程度の本数しか見ていない中で,回顧なんてできるのかと言いたくもなるが,まぁそれはよかろう。

ということで,今年見た中で,一番面白かったのは「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」だったと思う。超お下劣ゆえにR18+となってしまったのは痛かったが,確かにこれは子供には見せられないしねぇ(笑)。

そのほかに,今年印象に残っているのはそのほかに「ネブラスカ」,「インサイド・ルーウィン・デイビス」,「プリズナーズ」,「ジャージー・ボーイズ」,「インターステラー」,そして「アナ雪」。

今年中に見たいと思って果たせなかったのが「ゴーン・ガール」と「6才のボクが,大人になるまで。」。これはまた来年に改めてってことで。

Photo_2 そして,番外編として山田宏一,蓮實重彦による「トリュフォー,最後のインタビュー」は「ヒッチコック 映画術」のトリュフォー版,あるいは同書へのオマージュとして紹介しておきたい。これは実に面白い本であり,映画好きならワクワクしながら読めるものである。多くは既発の情報らしいのだが,こうして一冊にまとまっているところが「映画術」的で私は大好きである。

ということで,今年はあまり映画を見た~って感じではないが,来年は目標の24本をクリアすべくペースを上げていきたいと思う。

« ジャズ・ギタリスト,John Scofieldが楽しめるライブ盤 | トップページ | 昨日で仕事納め »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60854643

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の回顧(その2):映画編:

« ジャズ・ギタリスト,John Scofieldが楽しめるライブ盤 | トップページ | 昨日で仕事納め »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作